ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

映画コラム映画コラム映画コラム

2014年観たおすすめ映画ランキングベスト10

2015.01.04

シェア数アイコン2

2014年に観た映画から、個人的に面白かった映画ベスト10を発表したいと思います。

自分のブログを見返して愕然としたのですが、ほとんと感想記事みたいなものを書いてなかったです。べつにそこまでたくさん映画を観ていたわけではないのですけど、なんだかもったいないことしたなーと……。

面白かった映画がたくさんあったのに紹介できなかったことも残念です。あぁ、もったいない!

というわけで、ベスト10から面白そうなものがあったら、ぜひ観てみてください!!

10位 オール・ユー・ニード・イズ・キル

ゲームみたいな映画。ラストはあんまり気に入ってないですけど、残機切れの絶望感とか良かったです。これは感想記事(映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のネタバレ付き感想 / 残機切れの絶望感たるや)を書いていたので、良かったら読んでみてください。

9位 LUCY

スカヨハがアクションしてるってだけで9位です。スカヨハが好きでない人にはよく分かんないと思いますが、ぼくとしてはスカヨハがテンポよく、無難なストーリーの中に居るだけで9位になってしまうのです!スカヨハサイコー!!

8位 フライト・ゲーム

リーアム・ニーソンのことをあまり知らなかったぼくが、これきっかけで大好きになりました。なにあのデカくてスタイルが良い渋かっこいいオジサン。最高じゃないか。

映画としては「無理あるだろ!」とツッコミたくなる場面が無いわけではないのですが、勢いに押されて最後まで突っ走れるパワーがあります。

予告映像でも見れるのですが、空中に浮いた銃をキャッチしてぶっ放すシーンがかっこよすぎ。これのために作った映画なんじゃないかってくらいに興奮しました。おすすめ。

7位 キャプテンアメリカ

キャプテンがキャプテンの強さの枠のなかで、精一杯がんばって事件を解決したお話。

普通の人間に比べたらめっちゃ強いけど、アイアンマンやハルクと同じことはできませんからね。そういう超人的な部分でなく、どちらかというと正統派なアクション映画になっていたように思います。

全体の雰囲気がシリアスでとても良かった。父と息子で熱く観たい映画です。

6位 GODZILLA

ぼくは怪獣が好きです。パシフィック・リムのカイジュウにはがっかりしましたが、GODZILLAの怪獣には感動しました。

ゴジラ含め、「これが怪獣なんだよ!」って感じですごく良かったです。俺たちのゴジラが居ました。嬉しかったです。

5位 白ゆき姫殺人事件

これ良かったす。Twitterでワイドショーのコメンテーターみたいなこと言ってるやつは、一度これを観て自分の行動を考え直そうな!マジで!

全体的な雰囲気が現実感ありまくりなのも良かったし、やっぱゴシップはみんな好きなんですよね。好きなのはいいけど、語ったり煽ったりしてはだめなのだと、そう感じた映画でした。

ミステリーとしてもよくできていて、かなり楽しめましたよ!

4位 ベイマックス

ベイマックスです。感想記事(映画「ベイマックス」の感想 / 最初っから泣いたけどラストにちょっとだけ不満)のとおりラストはあんまり好きではありませんが、それでも好きな映画です。

ディズニー作品は総じてそうなのですが、ほとんど隙がないのです。王道で、わかりやすくて、安心して観れる映画を、一番高いクオリティで提供してくれます。ディズニーって本当にいいですよねー。

3位 渇き。

なんか出てる人がみんなクズっぽくて好きです。感想記事(映画「渇き。」を観てきたのでネタバレもある感想 / 理解できないから怖い、でも知りたい)にも書いてますが、この映画に意味を期待しては行けないと思います。

「我々の気分を害しつつ笑ってもらうために作られたもの」という認識です。気分よくなるための映画ではないので、あしからず。でも好き。

2位 プリズナーズ

これ、素晴らしいです。娘を誘拐された父親が狂気にかられ、証拠不十分で保釈された容疑者(知的障害者)を私刑しつつ、行方不明の娘を探そうと奔走するお話。

二転三転するストーリーも良いのですが、それよりもラストです。あの終わり方、ぼく大好き。超絶オススメ。

1位 ウルフ・オブ・ウォールストリート

これはコントです。ゲスなコント。出てくる人はクズばっかりだし、ストーリーから教訓のようなものものを感じることはありませんでした。

感想記事(映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のあらすじ・感想 / ディカプリオの下品なコントに最高に笑った)にも書きましたが、バカ殿3時間スペシャルみたいなもんだと思えば楽しめるんじゃないでしょうか。

2014年一番ニコニコしながら劇場を出て行った作品です。楽しい映画。ベスト1です!!

ちなみにワースト1は「サンブンノイチ」でした。なんかどこで笑ったらいいか分かんなかったです。ごめんね。