ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

日常コラム日常コラム日常コラム

「ごきげんよう」はなぜ終わらないのか

2012.04.17

シェア数アイコン0

[wide]

Lion サイコロphoto credit: Ian Sane via photopin cc

[/wide]

僕は小堺一機さんが司会をしている『ごきげんよう』という番組が、なぜこんなに長く続いているのか不思議でしかたありませんでした。

それなり面白いんですけど、「それなり」であって特別ではないと思っていました。

なので彼女に「なんでこれ続いてんだろーね。あんま面白くないのに」とサラッと話したわけです。共感してくれると思ったのですが、彼女の返事はちょっと違うものでした。

「昼の1時にテレビを見てるおばさん向けに作ってるんだからさ、25才の人がみても面白いわけないよ。母親の世間話がつまんないのといっしょ」

なるほど! まさに目からうろこ!

『ごきげんよう』は僕なんか眼中になかったのです。主婦層狙いだったのです! そりゃそんなに面白いと思えないわけだ。

主婦層の面白いと思える内容で、主婦層が見るであろう時間帯に放送しているから『ごきげんよう』は終わらないんですな。

ターゲットとタイミングがバッチリってこってす。

ブログにも同じことが言えるかもしれません。

ブログを書くうえで多くの人の目に触れたいなら「どんな人に伝えたいのか」、「今はその人に見てもらえるタイミングなのか」この2つはけっこー重要なのかもしれないなと思ったのでした。