映画

佐藤浩市の演説に泣く「64 -ロクヨン- 前編」

シェア数6
佐藤浩市が主演をつとめた硬派な雰囲気の映画「64 -ロクヨン- 前編」を観てきたよ。予告の「わずか7日間で幕を閉じた昭和64年。その間に起きた少女誘拐殺人事件、通称『64(ロクヨン)』」っていう遠藤憲一さんのナレーションがかっこよくて印象に残ってたうえ、なんだかぼくが好きなタイプのミステリーっぽいなと思ってまあまあ期待して観に行ったんだけど、これが意外なとこで期待以上だった。

どんな話なのか

昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件、通称「64(ロクヨン)」の発生から、未解決のまま14年が過ぎた県警がメインの舞台。

その捜査に加わり、現在は広報室広報官として勤務する三上義信(佐藤浩市)が本作の主人公。前編では彼の周辺で起きる"いろいろ"をなぞっていく。

14年前の事件については発生とその後が描かれるものの、本格的に犯人を追うまでには至らない。それでもかなりグッとくるし見応えある。

……でもね、これ若者はあまり「いいぞ、面白いぞ」って思わなそうなんだよね。なんか、ぼく年とったなってあらためて自覚したよ……!!

面白かったところ

出演者の演技がみんな素晴らしい。特に佐藤浩市さんはもうなんか最高だった。かっこよくて泣ける、それでいてダメなところもある等身大なキャラクターを重々しく演じておられた。

彼が決断し、行動していく姿にいくらかでも共感できれば面白く観れるはず。

前編では事件に触れるのは発生部分がほとんどなので、解決に向かう糸口も見つけられず、ミステリーを期待すると少し裏切られたように感じるかもしれない。

ので、とりあえず「カッコイイおじさんをたくさん見る」くらいの気持ちで劇場に向かうと、いい感じにハードルが下がって楽しめるんじゃないかなと思った。

ただし、登場人物が多いので記憶力が試される。名前と顔が一致しなくて混乱するかもだから注意!

好きなシーン

  • 少女誘拐殺人事件の遺族宅で号泣するシーン
  • 秋川(瑛太)率いる記者クラブとの対決シーン

佐藤浩市が泣いたり怒ったりするシーンが好き。特に二つ目は泣ける。

本筋とは別の死亡事故の件で、加害者の実名を明らかにするよう要請した記者クラブに対し、上層部からの圧力と加害者の精神状態を考慮して匿名とする意向の広報室。

事態を収めるには自らが腹をくくるしかないと決意した三上の熱い演説がもうたまらない。これは文章や言葉で伝えられるものではないので、ぜひ実際に見てほしい。

感じたこと

三上は信じる。人の良心とか、信念とか、そういったものに賭けて行動を起こす。

そのために自分と自分以外の人間を隔てる壁を壊そうと、壊すためにどうしたらいいのか、その方法をしぼりだす。すげーことですよ。

年をとればとるほどコミュニケーションが億劫になり、伝わらないならそれでもいいやって石頭になってきがち。理解し合うって難しいぶんカタルシスがすごいんだろうけど。自分が正しいって押し通してもしょうがないよね。

ぼくはけっこう前から挑戦しては諦めてる。他人とかかわるのむずすぎる。無理ゲーだよぉ……。

こんな時に観たい

おじさんになってから、父親になってから、母親になってから見たい。