映画

事件より人「64 -ロクヨン- 後編」

シェア数4
映画「64 -ロクヨン- 後編」を観てきた。前編でだいぶ気持ちが盛り上がっていたせいもあってか、拍子抜けした部分があり、あまりぼくには合わなかったなという感想。ただ出演者のみなさんの演技はほんとうに素晴らしくて、それだけでも観る価値はあったかなと思った。永瀬正敏さん、緒形直人さん、すごい。

どんな話なのか

昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件、通称「64(ロクヨン)」の発生から、未解決のまま14年が過ぎた県警。その捜査に加わり、現在は広報室広報官として勤務する三上義信(佐藤浩市)が本作の主人公。

後編では、「64(ロクヨン)」をなぞるような新たな誘拐事件と、刑事部と警務部の軋轢、未解決の「64(ロクヨン)」と新たな誘拐事件の関係、記者たちとの攻防などが描かれる。

果たして犯人はどんな人物なのか、事件はなぜ起こったのか?物語の核心が徐々に明らかになっていく。

面白かったところ

俳優がよかった。過去事件の被害者遺族を演じる永瀬正敏さんの空虚なようで芯に熱のある父親、新たな事件の被害者である緒形直人さんの複雑な心情を抱えた必至な父親。どちらも迫力が半端じゃない。

あくまでこれは人間ドラマであり、サスペンスとかミステリーとしての要素は薄く感じる。ぼくみたいに「事件!解決!どんでん返し!だれが犯人なんだあああああ!?」みたいなテンションで劇場へ行くと、それこそ拍子抜けしてしまう可能性が高い。

そこはあくまで添え物というか、豚カツにとってのキャベツみたいなもので、必要だけど重要ではない部分なのだ。

あれだなー、父親の話って感じだなー。父親、夫、男の話って感じだ。

好きなシーン

  • 緒形直人、紙食べる
  • 捜査二課長、ぶっ倒れる
  • 永瀬正敏、号泣

感じたこと

前編と重複したようなシーンが多く、少しダレる。記者クラブとやりあったりとか、三上とその娘との関係とかより、 事件自体をクローズアップしてほしかった。

物語として「ああそうだったのか」と腑に落ちるポイントもあるけど、もう少しそこにたどりつくまでのテンポを上げてもよかったのではと思う。

前編の最後の流れから後編は事件解決が主に描かれるのだろうと期待しすぎたぼくが悪いんだけどね……。わりと最初から最後までヒューマンな感じでした……。

なんか泣かせよう感も強くてなぁ……。前編はよかったなぁ……。

こんな時に観たい

娘ができたら。