映画

映画『悪の教典』の感想! 爽やか血糊映画でした

投稿時間2012.11.11シェア数0

[wide][/wide]

先日公開された、映画『悪の教典』を観てきました。

貴志祐介の原作小説を三池 崇史監督が映画化した作品。三池 崇史監督の映画に「殺し屋1」というとにかく血糊がぶわーっと出てくるバイオレンスな作品があるのですが、今回もどうやらとんでもない血糊系の作品のようだということで楽しみにして劇場へ向かいましたw

あらすじは公式サイトから引用させていただきます。

蓮実聖司は、生徒から"ハスミン"という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師。学校やPTAの評価も高く、いわば「教師の鑑」とも呼べる存在だったが、それはすべて仮面に過ぎなかった。彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)だったのだ。蓮実は自らの目的のためには、たとえ殺人でも厭わない。学校が抱える様々なトラブルや、自分の目的の妨げになる障害を取り除くために、いとも簡単に人を殺していく。そして、いつしか周囲の人間を自由に操り、学校中を支配しつつあった。だが、すべてが順調に進んでいた矢先、小さなほころびから自らの失敗が露呈してしまう。それを隠蔽するために考えた蓮実の解決策。それは、クラスの生徒全員を惨殺することだった…。

via:「悪の教典」公式サイト

ということで案の定これでもかと生徒が撃たれてとにかく壮絶。ハスミンこと蓮実聖司役の伊藤英明がラストに向かうに連れてどんどん歪んだ顔になっていくのが見ていてドキドキする作品でした。ラストのセリフと表情はたまらんかったです。

ずっと爽やかっちゃ爽やかなんですけどねw マグニフィセントです。

伊藤英明を初めてかっちょいいと思いました。以下多少ネタバレを含みます。

生徒の俳優がよかった

最近観た「桐島、部活やめるってよ」、園子温監督の「ヒミズ」、湊かなえ原作の「告白」なんかに出ていた俳優が出演していたので、なんかこう「頑張ってるな!」と思って勝手に胸が熱くなってしまいました。

二階堂ふみとか染谷将太とか、西井幸人とか……。みんなよかったー。

あと生徒ではないですが、山田孝之も最高でしたw 彼がハスミンに撃たれるシーンは間違いなく笑っちゃいます。

次回作も楽しみ

なんか次回作もあるっぽいです。

ぶっちゃけ蓮見自身の人となりというか、人物設定みたいなのが大幅に端折られているので、どういう目的で人を殺し続けているのかとかそういうところにフィーチャーしたものになってくれると嬉しいかなーと思っております。とりあえず生徒役の俳優が今回に負けるようなことが無いようにしていただきたいですな。

「サイコキラーの心の闇」みたいな部分より「爽やか血糊映画」として気楽に観ると楽しめると思います。映画の前日譚がDVD化されていたりもしますので、そこらへんもチェックしつつ鑑賞してみてはいかがでしょうか!

僕は原作を読んでみようと思います。

悪の教典 DVD スタンダード・エディション

悪の教典