映画

映画「ベイマックス」の感想 / 最初っから泣いたけどラストにちょっとだけ不満

投稿時間2015.01.02シェア数831

2014年の話になりますが、映画「ベイマックス」を見てきたのでその感想です。

もうね、泣きましたねー。これは。間違いなく予告映像のせいなんですけど、最初っからフルスロットルで涙腺を刺激するタダシくんにずっとやられてました。

そのプロモーション方法が議論されることも多かった「ベイマックス」ですが(ぼくも日本の予告映像を海外の人がどう評価しているかについての記事を書きました)、ぼくにとっては大成功だったというか、その映像のお陰で盛り上がることができて良かったです。

もちろんアクション要素があることはすでに知っていましたし、そういう意味でも楽しめました。

展開が読める、けどそれがいい!あいつだろうなと思ったやつが犯人だ!!

以下ネタバレしつつ適当なこと言います。

ベイマックスがかわいい

感情がないはずのものの感情を想像しちゃうっていうやつなんですよね。子犬が雨に濡れてるだけでちょっと泣けちゃう的な。別にあいつら「濡れてるな」くらいしか思ってないかもしれないのに、こっちが勝手に「つらそうだ!かわいそう!なんとかしてあげて!」と盛り上がっちゃうあれ。

ベイマックスが何か言うたびに、「ああああああ、ごめんなさいいいいい!!うちのヒロが無茶言ってごめんねえええええ!!!」みたいな気持ちになります。

特に中盤でのラスボス戦。ヒロはベイマックスを制御する「心臓部(チップ的なの)」を入れ替えて彼を暴走させてしまいます。ハニーレモンのファインプレーによって正気を取り戻したベイマックスが、その場にいるビッグヒーロー6のメンバーに謝罪するんです(してたよね?)。

もうアホかと。お前悪くないじゃんと。やめてくれ、もう何も言うなよと。そう伝えられないから頬をつたう涙そうそう。

あれは泣けましたねー。不思議だけど、実際は誰かが設定したプログラムのはずなのだけど、それに泣ける!くぁわいいよベイマックス!かわいいじゃなくてくぁわいい!!

その他、言うこと、仕草、見た目、全てにおいてくぁわいいです。

タダシかっこいい

いやね、予告で我々は知っているわけじゃないですか。彼がお亡くなりになってしまって、そんな彼が残したベイマックスというロボットと、彼の弟のヒロ君がなんやかんやする物語であるということを刷り込まれているわけじゃないですか。

そんな状態で劇場に呼んどいて、タダシのイケメンっぷりをあんなに長々と見せるんじゃないよ!!泣いちゃうだろ!!

タダシ良い奴すぎ。良い兄貴すぎ。かっこよすぎの完璧超人スーパーマン。

頭が良くて家族想い。両親の死を乗り越え、グレることなく自立して研究を続け、ベイマックスを作り上げた秀才です。

ヒロにとってはもちろん、ビッグヒーロー6のメンバーにとっても、そしてベイマックスにとっても大きな存在であることが映画が始まって十数分の間にしっかりと描かれていました。

そんなタダシがこのあと死んじゃうんだって思うだけでもうダメ。ずっちーなー。

ラストが嫌!

でまぁ、なんだかんだあって、ラスボス的なやつを倒したあと、悲しすぎる展開が待ち構えています。そう、ベイマックスとヒロの別れでございます。

ずるすぎるロケットパンチの使い方を披露したベイマックスは異次元の奥深くへと落ちていき、ヒロとはSAYONARAしてしまうのですが……。

ヒロはベイマックスにもう一度会うことを諦めてはいないのです!

独自に研究を重ね、ついに異次元へ落ちていったベイマックスを完全に再現。作り直すことに成功するのです!

ベイマックスとの別れ際に託された「心臓部(チップ的なの)」を二代目ベイマックスに挿入し、みごと再会を果たしたのでした……。

これね。ちょっとぼくは嫌でした。

そこはさ、異次元に落ちてった初代ベイマックスをさ、異次元に行くための装置を開発してさ、探しに行くとかそういうことしようぜ!なんでそこ「二代目作っちゃお」ってそんな合理的なんすか!!

やっぱりぼくらが見てかわいいなって思ったのは、その「心臓部(チップ的なの)」に入っているプログラムではないのですよ。あの姿にあるのです。あの姿のベイマックスを愛していたのですよ。

あくまで「あの」ベイマックスであって、二代目が全く同じ形であろうと、よしんば今後量産されようと、彼を動かすプログラムが組み込まれた「心臓部(チップ的なの)」が同じであろうと、それはもう「あの」ベイマックスじゃないんだと声を大にして言いたい!言わせてくれ!!

ヒロよ!!お前の作ったその膨らんだ空気の塊は、あのベイマックスではない!お前が新たに創りだした別のナニカなのだ!!!!!

あぁ、ベイマックスよ、異次元で永遠たれ……。

続編希望

とはいえ!とはいえですよ、もうベイマックスならなんでも良いという気持ちが無いわけではありません。かわいいから。

ぜひディズニーさんにはフワフワなベイマックスが活躍する新しい物語を作っていただいて、2とか3とかナンバリングが続く楽しい作品にしていただきたいと思います。

でもまぁ、日本での興行成績はイマイチなのかもですね。世界で人気なら続編期待できるんでいいですけど。妖怪ウォッチってスゲーなぁ。