映画

映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』を観てきた感想! バナナの歌の歌詞も分かりました

投稿時間2013.10.03シェア数0

[wide][/wide]

映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』を観てきたのでサクッと感想を書いときます。「怪盗グルーってなんだよ!」って人でも、以下の動画なら見たことあるんじゃないでしょうか。映画館行ってれば必ず1度は見たことがあるはずです。

もうこれが全て! バーバーバーバーナーナー! ポーテートーナー!! っていうね。彼らが映画のタイトルにも出てきている「ミニオン」という生物なのですが、このミニオン達が危機一発(一髪でないには007のオマージュなんすかね)になっちゃうのが本作であります。

ちなみに歌詞は以下のとおり。ビーチボーイズの「Barbara Ann」のバナナ風アレンジとなっております。

Ba ba ba ba ba na na (Ba ba ba ba ba na na)

Banana ah ah

Potato na ah ah

Banana ah ah

To ga li no potato ni ga ni ba no ba ni ka no ji ga

Ba ba ba banana

Yo plano hu la pa no no tu

Ma banana like a nupi talamu

Banana ba ba Potato ho oh

To ga li no potato ni ga ni ba no ba ni ka no ji ga

Ba ba ba bananaaaaaaaa

via:Electric Pun

僕も観るまで気づかなかったんですけど、このミニオンって実は超脇役なんです! 「となりのトトロ」でいう「まっくろくろすけ」みたいな存在なのですが、実はそれは意図されたもので、スタジオジブリに「そういった小さいキャラがたくさん居ると良いよ」とアドバイスされて登場させたものなんだそうです。

で、彼らは何者かというと、なんとアメリカの朝食用シリアル「コーンポップス」を元に遺伝子操作されて誕生した生物なんですって! トウモロコシではないんですね! あくまでシリアルが進化した生物! なにそれキモい! でもかわいい!

この『怪盗グルーのミニオン危機一発』は、そんな彼らの楽しそうな姿や、やりとりを愛でるためのものです。もちろんストーリーも家族や恋人を大切に思う気持ちが呼び起こされる素晴らしいものでしたが、そんなことよりミニオンです! とにかくかわいいからこいつらだけでオーケー!

前作は「怪盗グルーの月泥棒」

実はこれシリーズの2作目で、前作は「怪盗グルーの月泥棒」というタイトルの映画でした。孤児院育ちの3姉妹と、大泥棒グルーの間に生まれる絆がメインで描かれた作品。こっちも結局ミニオンがかわいいんすけどね。

で、今作『怪盗グルーのミニオン危機一発』でも引き続き彼女たちとの絆を深めつつ、新たなヒロインが登場したり、中井貴一演じる敵役が暴れまわったりとかなり濃い内容になっています。特に中井貴一の演技は素晴らしかったですよ! 中島美嘉の声も僕は好きでした。あまり評判は良くないみたいですけど……。

でもやっぱりミニオンが素晴らしく愛らしい。簡単な罠に引っかかって敵に捕まり、怪しい薬で凶暴化させられてしまうというピンチをも乗り越えて、エンディング後まで観客を楽しませてくれます。

とにかくミニオン! 動画の「バーナーナー」を聞いて何か引っかかるかたはぜひ観ていただきたいです。かわいいので。お子様と観に行かれるのも間違いないでしょう。ほんと、かわいいですから!

Electric Pun