ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

映画レビュー映画レビュー映画レビュー

素敵な音楽と仲間たち「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

RATING 星1星マーク星1星マーク星1星マーク星1星マーク星0空の星マーク 4.0

2015.01.27

シェア数アイコン5

タイミングを見失って映画館で観ることができなかった映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を観ました。

アベンジャーズシリーズは外してなかったのですけど、この映画だけはどうしても劇場で鑑賞できず、ずっとレンタル待ちしていたのでワクワクしながら視聴することができました。

あまり馴染みのないヒーローグループである「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」。見た目からしてヒーローらしさのない方々ではありますが、その見た目やキャラクターの自由っぷりがなんともルパン的で男心をくすぐります。

特に主人公のスターロード氏(お母さんにつけてもらった名前)がそんな感じ。

あとはなんでしょう、コブラとかかな。だいたい宇宙海賊とか、泥棒とか、そういうことをしている連中は、スケベで軽口を叩きつつ締めるとこは締めるっていう、"イイオトコ"なんですよね。

冴羽りょうとかね。ああいいうのが一番かっこいいですよね。

そんなスターロードと仲間たちが銀河のために戦う物語。それが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」であります!

懐メロがいい

劇中に流れる曲が素晴らしい。日本人でも耳にしたことがあるような懐メロばかりなので、英語の歌詞でもとっても耳に残りますし、その懐メロたちが素敵でイカした雰囲気を作ってくれます。

主人公のスターロード氏(超マザコン)が、子供の時に地球からさらわれてしまった際に唯一持っていたカセットテープとプレーヤー。

数々の名曲は、彼の出身地である地球と彼自身をつなげる唯一のものであり、それと同時に、非現実的すぎる"銀河系の危機"という映画全体のテーマと鑑賞者をつなげ、そこに少しだけリアリティを加えてくれるスパイスのような役割もしてくれていました。

シーンごとにピッタリの曲がセレクトされていて、それらをまとめたサントラもアメリカで人気だったそうです。

たしかに映画を観た後でめちゃめちゃ聞きたくなる……!

グルートがかわいいし強いから最高

あとはやっぱりグルートです。グルート最高。ベイマックスを観たあとだと、あの丸くてポヨポヨしたロボットとすごくかぶって見えてしまいました。グルートは堅い木だけど。

優しいだけでなくて、ちょっと切られてもすぐ復活する回復力や、単純にパワーもすごい。腕や足が伸びたりするのも素敵だし、純粋ゆえに残忍なサイコパシーっぽいとこにもぐっときます。

そもそも木であって人間ではないのでサイコパシーもくそもないのかもですけど。

かわいくてつよい!それだけで素晴らしい!

個人的にはアライグマのロケットよりもマスコット感があって、記憶に残るキャラクターでした。

アベンジャーズにはつながらない?

気になるのは2015年夏にも公開される「アベンジャーズ2」とのつながりなのですが、アベンジャーズシリーズとは多少リンクするものの、2の時点では深い関わりはないようです。

予告が出てましたけど、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のキャラは見当たりませんでしたもんね。

となると次のアイアンマンとか、あるのか分からないけどハルクシリーズとか、アントマンとか、そのへんと関わってくるのでしょうか。

なんにせよ、世界観がクロスしていくのは楽しみで仕方ありません!アベンジャーズ最高!!

結局どんな映画だったのか

思いっきり笑って楽しい気持ちになれて、ところどころ泣ける、かっこよくてオシャレな映画でした。

一人ひとりの境遇は切ないのに、みんな性格がバラバラ。でも集まるとなんだか楽しい!

日本人に馴染み深いストーリーを出すと、ワンピースのルフィ海賊団的な雰囲気もあったりして、「面白い」よりも「楽しい」な映画だったと思います。

まだ観てない方はぜひレンタルしてみてください。土曜日の夜にピッタリです。

Info