ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

LINEの使い方LINEの使い方LINEの使い方

LINEのプロフィールアイコンに動画を設定する方法

2016.08.29

シェア数アイコン15

LINEには使ってる人ごとにそれぞれプロフィールが用意されていて、アイコン(トプ画)を自由に設定することができる。

そのアイコンに、画像以外にも動画を設定できるようになった。プロフィールアイコンが動くようになったのだ。

ということで、この記事ではプロフィールアイコンに動画を設定する方法を解説する。設定は少しだけ面倒ではあるものの、個性を出したいなら覚えておいて損は無いはずだ!

プロフィールに動画を設定できる機能とは

プロフィールアイコンとして動画を設定できるようになったのは、iOS版LINEアプリのバージョン6.6.0から。それ以前は画像しか設定できなかった。

Facebookもプロフィールアイコンに動画を設定できるけど、そうでなくてもSNS(ソーシャルネットワークサービス)上に動画を投稿したり、動画を使ってコンテンツを作ることが増えている。LINEもそういう流れに合わせて、新機能として実装したんだと思う。

ちなみに、プロフィールに動画を設定すると以下のように表示される。ちょこまか動いて楽しいよ!

LINEの動画プロフィール

ただし、LINEの場合は好きな動画を自由に設定できるというわけではない。LINEと連携するB612っていう自撮りアプリがあるんだけど、これを使って撮影した動画のみプロフィールに設定できるのだ。

ちょっとややこしいけど、LINEにプロフィール動画を設定したいなら、最初にまずB612をダウンロードしておこう。

プロフィールアイコンに動画を設定する方法

LINEを起動、設定をひらく

ホーム画面でLINEのアイコンをタップしてアプリを起動、右下の・・・をタップして、開いたメニュー左上にある現在設定しているプロフィールアイコンをタップする。

アイコンをタップ

アイコンをタップして"動画撮影"を選択

プロフィールの設定画面がひらくので、再びアイコンをタップ。メニューがひらいたら動画撮影をタップしよう。

動画撮影

ポップアップの"B612"をタップ

「プロフィール動画」と大きく書かれたポップアップが出現する。エメラルドグリーンのB612をタップすると確認が表示されるのでOKをタップしよう。

B612をタップ

B612をダウンロード

アプリのダウンロード画面がひらくので、ダウンロードボタンをタップ。完了したら開くをタップしてアプリを起動する。事前にB612をダウンロードしている場合はこの工程は不要。自動でB612が起動する。

ダウンロードして起動

アプリが起動すると通知とカメラへのアクセスを許可するよう求められる。それぞれ許可OKをタップ。

システムへのアクセスを許可

すると、利用規約とプライバシーポリシーへのリンクが表示される。それぞれタップしてよく読んだら、自分の顔が映っている画面をタップしよう。アプリを使い始められる。

画面をタップで使用開始

顔認識スタンプを選択

撮影画面が表示されたら、まず左にある🙂をタップ。顔認識スタンプがずらっと表示されるので、好きなものを選ぼう。もちろん不要なら選択しなければオーケー。

顔認識スタンプを選択

設定すると顔がこんな風に変わる。これはなかなか盛れますねぇ……!

盛れるスタンプ

フィルターを選択

元にもどって、次は写真をキレイに見せてくれるフィルターを決めよう。メイン画面右側にある丸が3つ重なったボタンをタップ。画面下部にフィルターがずらっと並ぶので、好きなものを選択しよう。

フィルターを選択

フィルターは下部で選ぶほかに、画面を左右にスワイプすることでも変更できる。◯◯%って書かれたバーは、左右に動かしてフィルターの強さを調節できる。ガッツリ盛りたいなら100%に!

フィルターの強さを調節

その他の設定を変更する

自分の顔を動画アイコンにしたくないなら、カメラの向きを変更しよう。

画面上部の🔄をタップ。これでカメラが外向きに変わる。ペットやなんかをアイコンに設定したい時はこれで撮影するのがおすすめ。

外向きカメラに変更

それ以外の設定は、まとめて右上の・・・ボタンをタップすると表示される。

ボタンをタップ

メニュー左から、フラッシュ(フロントカメラ使用時のみ)、セルフタイマー(3秒/7秒)、チルトシフト(ぼかし)、ビネット(フチを暗くする効果)、明るさ調節ボタンとなっている。明るさ調節ボタンはタップすると右側にバーが出現するので、上下にスワイプして調節する。

メニューと明るさ調節

さらにその下にタッチ撮影モードの切り替えボタンがある。オンにすると、画面をタッチするだけで撮影が開始されるようになる。

タッチ撮影モード

10秒動画を撮影する

準備ができたら下の丸いボタンをタップして動画を撮影しよう。マイクへのアクセスを求められるのでOKをタップ。

タップで撮影

撮影できる動画は10秒まで。左の×をタップすると撮影中止、中央のをタップすると撮影酋長、右のをタップすると撮影が一時停止となる。

中止、停止、一時停止

動画に音楽を付ける

撮影が済んだら、動画に音楽を付けよう。撮影後の画面右にある🎵をタップ。数種類のBGMから好きなものを選択しよう。Silenceで無音、Originalで加工無しとなる。

BGMを設定

マイクマークのRecordをタップすると、マイクから声などを録音することができる。アイコンをひらいてくれた人向けにメッセージを付けられるのだ。

音声の録音

動画を保存する

全ての加工が完了したら、メイン画面でをタップして動画を保存しよう。写真へのアクセスを求められるのでOKをタップだ。

写真へのアクセスを許可

B612での操作は以上。LINEへ戻るよ!

6秒以内に動画をトリミングする

LINEアプリに戻ったら最大6秒までで設定したい部分を選択する。下のスピーカーボタンをタップすることで、音声のオン/オフを切り替えることもできる。完了したら右上の次へをタップ。

6秒にカット

最後に、動画が再生されない場合に表示される画像を選択して、右上の完了をタップしたら操作終了だ。

再生できない用の画像を設定
ポイント
  • 動画の撮影はB612アプリ限定
  • 顔認識スタンプ、フィルター、BGMを設定できる
  • 撮影できる動画は10秒まで、使用できるのは6秒まで

動画プロフィールを確認する方法

設定がちゃんと反映されているかどうか、動画プロフィールを表示して見てみよう。プロフィールの設定画面にあるホームをタップ。プロフィール画面が開くので自分のアイコンをタップしよう。

自分のアイコンをタップ

ポップアップが表示されてアイコンが動き出す。アイコンをタップすると拡大表示になり、音声も再生される。

音声も確認できる

以上。B612が必要なのがちょっと面倒だけど、せっかくだから設定してみると楽しいかも。よかったらためしてみてね👋

App

B612 アプリアイコン
カテゴリ
写真 / ビデオ
価格
無料
OS
iOS & Android