Twitterの使い方

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)で送られたメッセージに既読が付かないようにする方法

シェア数7
よお、クロジだよ。TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)に既読機能が追加されたのをみんなは知ってるだろうか。LINEのアレね。相手がメッセージを読んだかどうかを”既読”マークで教えてくれるっていうやつ。これを便利だと感じる人もたくさん居る一方、読んだかどうか確認されるなんてうっとうしいなって思う人も少なくない。ということで、この既読機能についてと、既読機能を無効化する方法を解説するよ。

メッセージが既読状態か確認する方法

まずは、DM機能で送ったメッセージが既読状態か確認する方法から解説する。

相手が送信したメッセージを読んでいない状態の時は、メッセージの下に表示されているチェックマークがグレーになっている。さらに、メッセージをタップすると送信済みと表示される。

送信済み

相手が送信したメッセージを読んでいた場合はチェックマークが青色になる。メッセージをタップすると既読と表示されるので、このチェックマークと既読の表示でメッセージの状態を確認できるのだ。

既読

便利っちゃあ便利。でも既読したのがバレると色々と都合が悪い、ということもある。そんな時はこの既読機能をオフにしてしまおう。

既読機能オフにする方法

Twitterアプリを開いたら右下のプロフィールをタップして、開いたプロフィールページの真ん中あたりにあるをタップする。メニューが表示されるので設定を選択しよう。

設定をタップ

次のページでプライバシーとセキュリティを選択。一覧にある既読通知の送信/受信をオフにしよう。項目右側にある緑色のボタンをタップして白色になったらオーケー。右上の完了をタップすれば設定される。

既読通知の送信/受信をオフ

以上で、メッセージを受け取ってそれを閲覧しても既読と付かなくなる。また、自分が送信したメッセージを相手が閲覧した場合の既読確認もできなくなる。

現代社会を犯す"既読"の呪縛から解き放たれたいなら、以上の設定を試してみよう。

オフにしても"既読"が付く理由

しかーし、ここで注意。

あくまで既読が付かないのは「閲覧」した時だけ。機能をオフにしても"既読"が付く場合がある。

それは相手のメッセージに対して返信したタイミング。閲覧だけでは既読にならないけど返信したら既読になるのだ。読まずに返信するのは無理だから、既読が付いてしまうとはいえこれなら納得できるよね。

メッセージ送信で既読が付く

というわけで、注意点はあるものの、DMの既読機能はオフにできる。嫌になった時のために操作方法をおぼえておこう👋