iPhone

iPhoneのカレンダーアプリに知らない人からの招待(スパム)が通知された時の対処法

投稿時間2016.11.28シェア数25
ぼくの使っているiPhoneのカレンダーアプリに、見知らぬ人からイベントへの招待が届いた。内容は英語で、たしかレイバンとかなんとか書いてあった。宛先が無作為に選ばれていたことから、おそらくスパム的な何かだと思われる。スパムだとしたら出欠席の返事をするのもはばかれる。というか、スパムじゃなくても知らない人からの何かしらのアクションは若干気味が悪い。そもそも招待のためのメールアドレスを一体どこで知ったのだ!?ということで、出欠席の返事をすることなく招待通知を削除したから、その方法を解説するよ。

カレンダー招待スパムとは

まず、今回ぼくが遭遇した"カレンダー招待スパムについて解説しておく。

スパムはiPhoneのカレンダーアプリに届く。怪しい通知が届いたらアプリを開いてみよう。右下にある出席依頼の横に数字が表示されていたらビンゴ。

出席依頼の横に(1)

タップすると"出席依頼"として英語の文字列が。主催者の欄にも中国語で何か書いてある。怪しすぎる。

怪しすぎる出席依頼

このスパムは、Appleのカレンダーで使えるイベントへの"出席依頼"機能を悪用したもの。

"出席依頼"機能は、メールアドレスさえ知っていれば誰にでも通知を送りつけてカレンダーにスケジュールを追加することができる。通知の受け取りを拒否することはできない。メールアドレスを悪意ある第三者に知られてしまったが最後、スパムにさらされてしまうのだ。

ここでやってはいけないのが、出席依頼の下にある出席仮承諾欠席のいずれかを選択してしまうこと。

出席、仮承諾、欠席のどれもだめ

どれを選んでも相手に通知されるので、スパムが届いていることを知らせてしまうことになる。

無視するだけでも良いのだけど、怪しい招待がいつまでも残っているってのはそれだけで気持ち悪い。

以下の方法で削除してしまおう。

カレンダー招待スパムの削除方法

スパムの削除はちょっと面倒だ。そもそも欠席の横あたりに削除ボタンを付けてくれればいいんだけど、無いから仕方ない。

新しいカレンダーを作成

カレンダーアプリのメイン画面下部にあるカレンダーをタップ。カレンダーの編集画面が表示されるので左上の編集をタップする。

カレンダーの編集

するとカレンダーを追加...という項目が出現するのでこれをタップ。カレンダーの名前(例えば「スパム」とか)を入力して、右上の完了をタップする。

新しいカレンダーを追加

スパム招待をカレンダーに追加

新しいカレンダーが追加されているのを確認したら左上の完了をタップ。メイン画面に戻るので右下の出席依頼をタップする。

出席依頼をタップ

怪しい出席依頼の右側にあるをタップして詳細画面を開いたら、カレンダーという項目をタップ。

詳細でカレンダーを変更

登録されているカレンダーを変更できるので、さっき作成した新しいカレンダーをタップ。左上の戻るをタップする。カレンダーが変更されているのを確認したら、さらに左上の戻るをタップ。

新しいカレンダーに変更してもどる

カレンダーを削除

メイン画面で再びカレンダーをタップしてカレンダーの編集画面を開き、スパム用に作成したカレンダー右横のiボタンをタップ。

スパム用カレンダーを編集

詳細画面に移動したら一番下までスクロールしてカレンダーを削除をタップ。確認が表示されるので、さらにカレンダーを削除をタップする。

カレンダーを削除

以上で削除完了。メイン画面の出席依頼の横の数字が消えているはずだ。タップしても出席依頼は無い。

カレンダーごとスパムを削除
ポイント
  • スパム招待に反応してはいけない
  • スパム招待は個別に削除できない
  • スパム招待は新規カレンダーを作成後、カレンダーごと削除しよう

カレンダー招待スパムを受け取らないためには

さて、以上のように削除はできるものの、そもそもこのようなスパムは誰も受け取りたくないはずだ。

スパムを受け取らないためにはどうしたらいいだろう。

答えは簡単、iCloudカレンダーを利用する以上、防ぎようが無い。限られたメールアドレスからの招待しか受け付けない設定などあればいいのだけど、そんなものは存在しないのだ!!

ので、そもそもiCloudカレンダーの使用をやめるか、iCloudメールアドレス、Apple IDのメールアドレスを変更するしか対処法はない。

どれをチョイスしてもアレなんだけど、メールアドレスの変更は面倒だ。iCloudを利用してカレンダーの共有などを積極的に行っていないのであれば、iCloudカレンダーの使用をやめよう。

以下、その方法を解説する。

設定アプリのiCloudを開く

まず、ホーム画面の設定をタップしてアプリを起動。最初の画面、一覧からiCloudを選択しよう。

iCloudを開く

カレンダーをオフに

次の画面でカレンダーという項目を見つけたら、右横にある緑色のオンになっているボタンをタップしてオフにしよう。

カレンダーをオフにする

すると、iPhone上にあるiCloudと同期したカレンダーを削除するかどうか聞かれる。好きな方を選択したら終了だ。

いずれかを選択
ポイント
  • 根本的な解決法は無い
  • iCloudによるカレンダーの同期機能をオフにすると通知は届かなくなる
  • とりあえずiCloud同期をオフに

以上、カレンダー招待スパムについて、そのものについてと対処法を解説してみた。困っていた人は参考にしてみてね。じゃ👋🏻