Twitterの使い方

iPhone の Twitter アプリで動画の自動再生をオフにする方法

投稿時間2017.11.15シェア数3

Twitterのタイムラインには、文字だけでなく画像や動画が大量に流れてくる。

シェアされている動画はだいたい笑える系の短い動画。ついつい自動再生にまかせて最後まで見てしまう。

その時は楽しいのだけど、そのぶん月末が怖くなっていく。動画再生は命の残り火を差し出して快楽を得る行為。通信量ギリギリ難民としては、なんとか自制する必要があるのだ。

ということで今回は、Twitterのタイムラインに流れてくる動画の自動再生がオフになるよう設定を変えてみたいと思う。

動画とアニメ GIF が自動再生される

Twitter アプリのタイムラインでは、動画やアニメ GIF が自動で再生される。

ただし、自動再生されるのはどちらも Twitter に直接アップロードしたもののみ。それ以外だと、今は無き Vine の動画も自動再生される。こちらはそのうち非対応になりそうだけど。<

自動再生の様子
自動再生の様子

いずれにしろ、これらの自動再生は無効化できる。また、Wi-Fi 通信時のみ自動再生を有効化することも可能だ。

自動再生によって無駄に通信量を消費したくないなら、設定を変更してみよう。

Twitter アプリで動画の自動再生をオフにする方法

Twitter アプリでの動画の自動再生は簡単にオフにできる。6ステップで設定完了だ。

Twitter アプリをひらく

まず、ホーム画面のどこかにある青い鳥のアイコンをタップして、Twitter アプリをひらく。

Twitter アプリのアイコン
Twitter アプリのアイコン

サイドメニューをひらく

アプリをひらいたら、タイムライン左上のアイコンをタップするか、画面を右にスワイプしてサイドメニューをひらく。

左上のアイコンをタップ右にスワイプしてメニューを開く
どちらかの方法でメニューをひらく

設定とプライバシーをタップ

メニュー下部にある設定とプライバシーをタップ。

設定とプライバシーをタップ
設定とプライバシーをタップ

データ利用の設定をタップ

次の画面で、基本設定内にあるデータ利用の設定をタップ。

データ利用の設定をタップ
データ利用の設定をタップ

動画の自動再生をタップ

さらに次のページで動画の自動再生をタップ。ボタンの右側には現在の設定内容が表示されているので確認してみよう。

動画の自動再生をタップ
動画の自動再生をタップ

オフあるいはWi-Fi接続時のみをタップ

最後に、用途によってオフWi-Fi接続時のみを選択する。自動再生を完全に切りたい時はオフを、Wi-Fi 接続時のみ自動再生したい場合はWi-Fi接続時のみをタップしよう。

オフかWi-Fi接続時のみを選択
オフかWi-Fi接続時のみを選択

自動再生オフ時はタップで動画再生

自動再生機能をオフにすると、動画やアニメ GIF に再生ボタンが表示されるようになる。これをタップすると拡大されて再生される。

動画に再生ボタンタップするとズームして再生
ボタンをタップするとズームして再生

Wi-Fi接続時のみ自動再生に設定した場合は、モバイルデータ通信時にのみ再生ボタンが表示される。こちらもボタンをタップで動画が再生される。


データ通信量を節約しながらiPhoneを使っているなら設定を変更しておいて損はないと思う。ヘビーツイッタラーはお試しあれ!