ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

LINEの使い方LINEの使い方LINEの使い方

LINE LIVEで一般ユーザーでも生放送ができるライブ配信機能の使い方

シェア数アイコン9

やあ、クロジだよ。LINE LIVEアプリで誰でも生放送ができるようになったのをみんな知ってるかな。

今までは限られたユーザーや企業、番組だけが配信できたんだけど、アプリをバージョン2.0.0にアップデートすることで"ライブ配信"機能が使えるようになったんだ。

ちょっとだけど試してみたから、基本的な使い方を解説するね。

LINE LIVEにログインする方法

まずは、LINE LIVEアプリをインストールして、LINEアカウントでログインしなくちゃならない。

アプリをインストールしたらホーム画面のアイコンをタップして、画面下にある丸いマークをタップしよう。

インストールして丸タップ

ログインするようにうながされるので、最初に利用規約をタップして内容をよく確認し、同意できるようなら利用規約に同意してLINEでログインをタップする。

利用規約を確認してログイン

自動的にLINEアプリが開くので、下の"注意事項"をよく読んで同意するをタップ。自動でLINE LIVEアプリに戻るよ。

同意する

チャンネルを開設する方法

LINE LIVEに戻ってきたら、ライブ配信をするためのチャンネルを開設しよう。

ログインが完了した状態で画面下のほうにある丸いマークをタップ。すると、チャンネル開設画面が表示される。ここで、チャンネルのアイコン、チャンネル名、ステータスメッセージ、プロフィールを設定しよう。どれもあとから変更できるけど、複数のチャンネルを持てるわけではないようなので慎重に決めたほうが良さそうだよ。

チャンネルを開設

まず、アイコンを変更したい場合は、画面上部にある丸く切り抜かれたアイコンをタップ。写真を撮影アルバムから選択を選択する。

アイコンの変更

いずれかの方法でアイコンにしたい写真を用意したら、丸型に合わせて写真を調整して、右下にある完了をタップしたら設定終了。盛りに盛った写メを使ってしまった。はずかしい。

切り抜き

次はチャンネル名を設定しよう。一覧にあるチャンネル名をタップして、20文字以内で新しいものを入力。右上の保存をタップしたら完了だ。

チャンネル名

さらに、ステータスメッセージ。こちらも一覧のステータスメッセージをタップして、20文字以内でメッセージを入力。右上の保存をタップして完了とする。

ステータスメッセージ

最後、プロフィールも同じように一覧のプロフィールを入力をタップ。次のページで1,000文字以内のプロフィールを入力して右上の保存をタップしよう。

プロフィール

一番最初の画面で保存をタップして設定完了となる。おつかれ!

保存する

ところが最後にTwitterアカウントを連携するかどうか聞かれる。連携したい場合は連携するをタップして、次の画面でTwitterのアカウント名とパスワードを入力して連携させよう。LINE LIVEでの配信開始を自動でTwitterにお知らせしてくれるようになる。

Twitterとの連携

ライブ配信をする方法

チャンネルを設定したら、配信準備画面が表示される。普段はさっきからタップしてるトップ画面下の丸いマークをタップすると出現する画面だ。ここで、ライブ配信のタイトル、タグ、カバー画像、配信画質、アーカイブを配信するかどうかを設定する。

配信準備画面

まずはタイトルから。おそらく◯◯のライブとなっていると思うので、そこをタップ。30文字以内でタイトルを入力して右上の保存をタップしよう。

タイトルを決める

次はタグだ。こちらは+編集をタップする。

タグの編集

次の画面にずらっと候補となるタグが表示されるので、設定したいものの右側にある+をタップして設定しよう。好みのものが無い場合は、上にあるタグをつけてライブ配信しよう!をタップして、タグにしたい言葉を入力。すぐ右にある追加をタップででタグとして追加できる。全て完了したら右上の保存をタップしよう。

タグを設定して保存

その他の設定は、ちょっと見づらいけどタグ設定の下にあるカバー画像 / 配信画質 / 自動公開から行う。タップしよう。

見づらいメニュー

カバー画像は一番上の四角いとこをタップして、メニューから写真を撮影アルバムから選択のいずれかを選択して変更する。

カバー画像を決める

写真を選択したら、緑と白の線に合わせるように写真を拡大&縮小しよう。緑の線がLINE LIVEのホームで表示される領域、白い線がLINEのタイムラインで表示される領域だ。最後に保存をタップして完了となる。

写真を合わせる

配信画質は、HD画質(Wi-Fi推奨)高画質(4G、LTE)普通画質(3G)の3つから選択する。電波状況はあくまで配信側の設定なので、そのつもりで。

配信画質

最後、公開設定は、オフにするとアーカイブが非公開に、オンにすると自動的にアーカイブとしてライブ配信が公開される。好きな方を選択しよう。

公開設定

全ての設定が完了したら、左上の<をタップして元の画面に戻ろう。

もどる

さあ、これで本当に最後の設定。LINEとTwitterのアイコンがある。これをタップして色付きの状態に変えると、ライブ配信開始時にそのお知らせをタイムラインへ流してくれる。

TwitterとLINEにシェア

あとは配信スタートをタップすれば、配信画面に切り替わる。

配信スタート

配信画面に切り替わるけど、まだ配信が始まったわけではない。左下のボタンを押して、縦画面での配信か横画面での配信か選択する。

縦画面か横画面

ちなみに横画面だとこんな感じ。

横画面での配信

準備が整ったら、右下の赤いボタンをタップしよう。カウントダウンのあと、配信がスタートする。

カウントダウン

配信中の操作方法

準備の段階でいろいろ設定できるんだけど、配信中にもいろいろな操作ができる。

まずひとつめは、カメラの切り替え。左に並んでいるボタンの中からカメラボタンをタップすると、外向きカメラと内向きカメラを切り替えることができる。

カメラの切り替え

カメラを外向きにした時のみフラッシュボタンが出現。⚡️をタップして、フラッシュを起動できる。

フラッシュ

さらに🙂をタップすると、SNOW風の顔認識スタンプが利用できる。

スタンプボタン

一覧から好きなスタンプを選択してダウンロードをタップ。

スタンプのダウンロード

ダウンロードが完了すると、以下のように生放送中に顔認識スタンプを利用できる。ねむそうですね。

スタンプを使用

また、キラキラしたペンみたいなマークをタップすると、映像のフィルター加工ができる。一覧で表示されるフィルターから好みのものを選択しよう。

最後、吹き出しのようなボタンをタップすると、コメント投稿画面に切り替わる。テキストを入力して送信をタップでコメント完了。Twitterマークをタップすれば、Twitterのタイムラインへも投稿しつつ、配信を見ている人に向けて文字でアピールできるよ。

コメントの投稿

配信は30分までだけど、右下の赤いボタンをタップで停止、いつでも配信を終了できる。

停止ボタン

以上、とっても基本的な使い方だけど、とりあえずこんな感じだ。みんな試してみてね!ばいばい!!

App

LINE LIVE アプリアイコン
カテゴリ
エンターテイメント
価格
無料
OS
iOS & Android

RATING星1星マーク星1星マーク星1星マーク星1星マーク星0.5半分の星マーク4.1