iPhone

iPhoneの通信量を節約するためにWi-Fiアシストをオフにする方法

シェア数8
よお、クロジだよ。iPhone 7 Plusを買ってからずーっと設定をいじってる。しかも今回は前のiPhoneからデータを移行せずに一からカスタマイズしてるので、部屋の模様替えをしてるみたいでなんだか楽しい。そんななか、これだけは設定を変更しといた方がいいだろうなっていう項目をけっこうたくさんみつけたから、この機会に少しづつ解説したいと思う。今回はWi-Fiアシスト。デフォルトでオンになっている機能だ。便利なんだけど通信量を節約したいならオフにしておいた方が良いやつ。その機能についてと、オフにする方法を解説するよ!

Wi-Fiアシストとは

Wi-Fiアシストっていうのは、Wi-Fiの接続状況が悪くてもインターネットに接続し続けるための機能。

不安定なWi-Fiに接続している状態でSafari、Apple Music、メール、マップなどのアプリがうまくインターネットにつながらない時に有効になって、自動的にモバイルデータ通信に切り替わる。

つまり、Wi-Fiにつながってても安定してなかったらスマホのギガを消費して通信するよっていうやつな。

たしかに安定してインターネットを使えるのはうれしいけど、勝手にギガ消費しちゃうから若干ありがた迷惑なわけよ。

ぼくとしてはこれ確実にオフにしときたい。節約、だいじ。

Wi-Fiアシストのオン / オフを切り替える方法



じゃ、さっそくオフにしてしまおう。

ホーム画面で設定アプリをタップ。開いたら一覧からモバイルデータ通信を選択する。

モバイルデータ通信

開いた画面を一番下までスクロールすると、Wi-Fiアシストという項目がある。これをオフにしよう。右側にある緑色のボタンをタップして白色に変わったら完了だ。

Wi-Fiアシストをオフ

ちなみに、Wi-Fiアシストの文字の下にある数字は、Wi-Fiアシストによって消費された通信量となっている。もし、Wi-Fiアシストを継続して使いたいなら、ここの数字を確認しつつ、制限を食らわないように気をつけながら利用するのが良いんじゃないかな。

消費量

ぼくはオフがいいと思うけどね。もう、ぜったいオフ。いろいろ考えたくないからオフ!節約!!