1. ナノカモ
  2. iPhone
  3. iPhoneの使い方
  4. iPhone X のサイドボタンで Siri が起動しないように設定する方法
iPhone

iPhone X のサイドボタンで Siri が起動しないように設定する方法

投稿時間2018.01.24シェア数7

ぼくは iPhone X を使っている。基本的に不満は無いんだけど、ちょっとうっとうしいなと思うのがサイドボタン(電源ボタン)の仕様。

電源を切ったり、iPhone をロックしたり、画面をスクショしたり……とにかく色々な場面で触ることになる。

しかし、たかがボタンである。操作のバリエーションは“ボタンを押す回数と時間”くらいなので、誤操作も多い。

特に長押しで起動する Siri こいつがなかなかうっとうしい。
というか Siri に申し訳ないのだよ。突然画面が暗くなって「ご用件は何でしょう?」って、いや、ごめん、用事無いのに呼び出しちゃってごめん。ってなる。

ので、サイドボタンで Siri を起動しないように設定してみた。

この機能を無効化する時の注意点も含めて書いたので読んでみてね!

Siri を呼び出す方法

まず、どんな操作で Siri が起動するのかを確認してみよう。
iPhone X では3つの方法で起動できる。

サイドボタン長押し

まず1つ目は先に触れているとおりサイドボタン長押し。

iPhone Xの右斜め上についているボタンをしばら押し続けると、Siri が起動する。

サイドボタンを長押し
サイドボタンを長押し

Hey Siri と呼びかける

2つ目は iPhone に向かって“Hey Siri”と話しかける方法。

設定アプリでSiriと検索をタップして、次のページで“Hey Siri”を聞き取るをオンにする。

Siriと検索“Hey Siri”を聞き取る
“Hey Siri”を聞き取るをオン

すると自分の声を設定する画面になるので続けるをタップ。あとは、画面の指示にしたがって iPhone に話しかけよう。

Siri の設定を続ける“Hey Siri”を設定
“Hey Siri”を設定

以上で設定完了。声だけで Siri を起動できるようになった。

付属イヤホンのセンターボタン長押し

3つ目は iPhone 付属のイヤホンを使う方法。
イヤホンのリモコンにあるセンターボタンを長押しして Siri を起動できる。

イヤホンのセンターボタン
イヤホンのセンターボタン

サイドボタン以外にも起動方法があるんだからオフにしたっていいよね。

そもそもぼくあんまり Siri 使わないし、使う時はどうせ声出すわけだから Hey Siri コール使わせていただく。

Siri をサイドボタンで起動しないようにする方法

これはとっても簡単。3ステップでいける。

設定アプリをひらく

まず、iPhone のどこかにある設定アプリのアイコンをタップしてアプリをひらく。

設定アプリ
設定アプリ

Siriと検索をタップ

ひらいた画面を下にスクロールして、中ほどにあるSiriと検索をタップ。

Siriと検索
Siri と検索

サイドボタンを押してSiriを使用をオフ

次の画面でサイドボタンを押してSiriを使用をオフにしたら完了。

サイドボタンでの起動をオフ
サイドボタンでの起動をオフ

“低電力モード”時の操作に注意

ちなみに、“低電力モード”時にサイドボタンを押してSiriを使用をオフに使用すると Siri 自体が無効化されてしまう。

これは“低電力モード”時に自動で Hey Siri による呼び出しがオフになっしまうから。

低電力モードでは Hey Siri できない
低電力モードでは Hey Siri できない

Siri 自体をオフにするとユーザー情報が Apple のサーバーから削除され、再び Siri を有効化した時に多少時間がかかってしまうみたい。

Siri を無効化するとちょっと面倒
Siri を無効化するとちょっと面倒

普段まったく Siri を使わないならオフってしまってもいいかもしれないけど、そこそこ使うなら面倒を増やさないようご注意を!


以上、簡単な設定で Siri による誤操作を防止できる。

そもそも Siri 自体不要、使うタイミングがない……。というご意見もあるだろうが、ぼくはそこそこ使うのだよ!タイマーかけたりとか!

なので、ぼくみたいなそこそこ Siri 使う人はお試しあれ。それでは、また。