ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

映画レビュー映画レビュー映画レビュー

「アイアンマン3」驚愕のマンダリンとペッパー・ポッツの迫力に胸キュン

RATING 星1星マーク星1星マーク星1星マーク星1星マーク星0.5半分の星マーク 4.5

2013.04.27

シェア数アイコン0

以下ネタバレを含む「アイアンマン3」の感想です。まだ映画を見ていないかたはご注意を!

ということで「アイアンマン3」を観てきました。2時間ちょっとだったのですが、全く長く感じず、トニー・スタークかっこいいなぁと思いながら鑑賞できて本当に楽しかったです。

あらすじは以下。

アイアンマン、ソー、キャプテン・アメリカ、ハルクなど、最強の力を持つヒーローたちが集結し、間一髪で人類滅亡の危機を回避した“アベンジャーズ”――この強烈な戦いによって、トニー・スタークを取り巻く環境は大きく変ってしまった……。
合衆国政府は、未曾有の危機に際してヒーローという“個人”の力に頼ることを危惧。そして、世界に、宇宙に、人類の存続を揺るがす脅威が存在することを思い知らされたトニーは、悪夢にうなされながら、憑かれたかのように新型アイアンマン・スーツの開発に没頭していた。
心身ともに極限まで追いつめられたトニーは、突如 史上最悪のテロリスト“マンダリン”からの襲撃を受ける。しかし、これは、この後に起こる“恐るべき事態”のプロローグに過ぎなかった。
すべてを失ったトニーに残されたのは、天才的な発明の才能と、大切な者たちを守りたいという信念のみ。トニー・スターク=アイアンマンの最後の戦いが、いま始まろうとしていた……。

アイアンマン3

ストーリー的には強引じゃねぇかと思うところもありましたが、公開前に小出しにした情報含めて予想を裏切る展開になっているのにはなんだかんだ驚きました。っていうか上のあらすじほとんど意味ない!!

そんなアイアンマンの面白かったポイントをピックアップして感想と変えさせていただきます!

マンダリンにビビる

この「アイアンマン3」は、原作シリーズでも評価の高い「Extremis」というシリーズが元になった作品です。肉体を強化し、再生させる薬品エクストリミスをめぐる戦いが繰り広げられた原作がアレンジされ映像化されました。

ただし物語の中心にあるマンダリンは「Extremis」には出ていないヴィラン(敵キャラ)であり、いったいどういう風に描かれるのかと期待と不安が入り交じっていた原作ファンも多かったようです。僕は原作知らないので「あぁ、なんかやばいおっさんなんだろうな……。強いのかな……」なんてウキウキしていたのですが、それすらも大きく裏切られる演出に驚愕しました。

オスカー俳優のベン・キングズレーの演技(主に公開前のコメントが)すげぇなっていう笑

作品のキーとなる人物、キリアン博士が放つ(が、ふっ飛ばされる)ラストの台詞まで、彼の真実の姿は見えないでしょう。

ペッパー・ポッツに惚れる

いろいろと惚れるポイントはあるわけですが、やっぱりクライマックスの彼女は半端じゃない。もう誰よりも強いんじゃないでしょうか。アイアンマンが苦戦している強敵をあんな風にやっちまうとは思いもしなかった……。

エクストリミスをぶち込まれて火の海に落ちてった時から薄々何か起こるだろうとは思っていたのですけど、あんなチートファイターになって出てくるとはw でもすげーかっこよかったです。

あとは不眠症のトニー・スタークを慰めるシーン。あれもよかった。

生身で戦うトニー・スターク

今回のトニー・スタークはあんまりスーツを着ません。脱いだり着たりぶっ壊したりリモートしたり……。とにかくスーツと彼との関係が見直さされているなぁと思いました。

クライマックスのスーツ大集合やぶっ壊されながら戦う姿にドキドキできて、シリアスなのに笑いどころもある、それでいてアクションがしっかりしたヒーロー映画に仕上がっている印象です。

特にロバート・ダウニー・Jrをもっと見ていたいというかたには嬉しいかもしれませんw

アイアンマンはどこへゆく

激しい戦いのあと、トニー・スタークはペッパー・ポッツを治療して、自身の心臓にあった破片を取り出し、アーク・リアクターを海へ投げ捨てます。

アイアンマンのスーツは自分にとっての「繭」だった。その「繭」を破る時が来たのだと語り、それでも自分はアイアンマンであると言い残して去っていくトニー・スターク。最後画面には「トニー・スタークは帰ってくる」という字幕が表れ、エンドロールを迎えるのでした……。

で、注目してほしいのがこの「繭」という表現。

原作の「Extremis」では、トニー・スタークが自ら志願してエクストリミスを投与し、アンダーシースを圧縮して体内に格納したり、考えるだけでアイアンマンのアーマーを操ったりできるようになりました。

この時エクストリミス投与後のトニー・スタークが目覚めたのが、その「繭」の中だったのです。

今回公開された「アイアンマン3」でも考えるだけでアーマーを操作したりとエクストリミスアーマー的な要素はありましたが、次回作ではさらに安定化させたエクストリミスを使って自らをパワーアップし、中も外もスーパーヒーローになるのではないかと予想しております!

体の中にアーマーがあれば「ずっとアーマー着てたい不安症」もちゃーんと治りそうですしねw アベンジャーズ2明らかになるのかな……。

エンドロール後のお楽しみも

毎回お馴染み、エンドロール後のお楽しみもありました。ロバート・ブルース・バナー博士(ハルク)との会話よかったなー。ハルクまた映画化してくんないかなぁ……。

そして来年日本でも公開される「マイティ・ソー ダークワールド」の日本語字幕版予告映像も公開されました。

こちらも楽しみであります! 今後も「キャプテン・アメリカ ウインターソルジャー」、「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」などなど、マーベル作品がガンガン公開されていくとのこと。こいつらを見るために生きよう……。