1. ナノカモ
  2. 映画とドーナツ
  3. ジュマンジ / ウェルカム・トゥ・ジャングル レビュー
© 2018CTMG. All Rights Reserved.
映画とドーナツ

ジュマンジ / ウェルカム・トゥ・ジャングルレビュー

投稿時間2018.04.18シェア数4

今回は「ジュマンジ / ウェルカム・トゥ・ジャングル」。1995年に公開された「ジュマンジ」の続編をレビュー。

ムキムキのおんじさんがガツンとかっこいい映画だったよ。

ジュマンジの主人公、それはチート

映画『ジュマンジ』公式

映画『ジュマンジ』公式

@JumanjiJP

名作「クロノ・トリガー」が発売されたのは95年
前作『#ジュマンジ』が公開されたのも95年(日本公開は96年)
どちらも20年以上の時を越えた仲なんだな。

2018年 #マジジュマンジ👀‼

ジュマンジも今回はゲームになったぜぇ…🔥🔥🔥
くぅぅぅぅ、なんだか涙が出ねぇか⁉ https://t.co/5tma5NMOcY

ジュマンジは元々魔法のボードゲームだったんだけど、時代に合わせてコンピューターゲームにアップデート。

手にしたプレーヤーは選択したキャラクターの姿に変えられてゲームの中に閉じ込められる。クリアするまでそこから出ることを許さない。

しかも、ゲーム内で三回死んだら現実でも死んでしまうんだよ。怖いね。

映画『ジュマンジ』公式

映画『ジュマンジ』公式

@JumanjiJP

危険度・興奮度MAXな新予告解禁💥
4人の高校生がゲームの中に吸い込まれた🎮❗しかもゲームのキャラ=アバターに😱‼予測不能なゲームをクリアして、現実世界に帰ることができるのか―⁉ただし……3回死んだらゲームオーバー💀

#ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』4.6公開❣ https://t.co/JF2Ra3vHkY

キャラクターのスキルを駆使し、互いの弱点を補いつつ、主人公たちはこの理不尽なデスゲームから逃れられるのか!?

……というお話。

そう、これはいわゆる日本人が大好きなデスゲームもの。プラス、日本人が大好きな異世界もの。さらに、オンラインゲームに閉じ込められちゃう系のアレなのだ。

ただひとつ違うのは、主人公が華奢なナヨナヨ系(外見だけ)ではないということ。
ムッキムキでフェロモンムンムン。無敵のロック様(写真左)なのだ。絵力強すぎ!!

でもやっぱり能力はチート。しかもモテモテ。異世界系主人公はチートっていう決まりはワールドワイドで共通なんだろうか。

自分が思う自分らしさが無くなったら、人はどうなるんだろう

そんなチート主人公が、ムッキムキなフェロモンを手に入れて心から強くなっていく。勇気を持って戦い、女性を真っ直ぐに愛せる男に成長していくのだ。
彼のキスシーンが最高なんだよなあ……。キスっていうか顔面押しくらまんじゅうみたいなやつなんだけど。

……一方、インスタに自撮りを上げてイイネ稼いでるベサニーは、ゲームの世界だと太った中年親父。

映画『ジュマンジ』公式

映画『ジュマンジ』公式

@JumanjiJP


2日目ぇェェェ‼
#マジジュマンジ🔥🔥🔥


2つ目の #マジジュマンジ なショート予告映像を大公開ッツ💪💪
ゲームのキャラが自分の性別と違うことなんてよくあるよな?
そんな時でも楽しみやがれェェェェ💪💪

🎮💨🦏🦏🐘🐘💨💨
#ジュマンジ https://t.co/MlTsZoObU2

でも、見た目が気の抜けたオジさんになったからこそ、もう一人の女子マーサと心から理解し合えるようになる。
マーサの方も、そんなベサニーに「イケてるんだから自信持って」と勇気づけられ、卑屈だった自分の殻を破った。

映画『ジュマンジ』公式

映画『ジュマンジ』公式

@JumanjiJP


4日目4日目4日目ぇェェェ‼
#マジジュマンジ🔥🔥🔥


悪い子にはぁぁぁぁ…
キック💥💥

ゲームの中だとアクロバットも楽勝だぁぁ💪
🦏🦏🐘🐘💨💨
#ジュマンジ https://t.co/xLSiONmeeR

現実世界では主人公に宿題を押し付けて、彼を利用するだけだったフリッジもゲーム世界で成長する。主人公よりも弱いやつになってしまうことで、やっと対等な関係だったことを認められるようになった。

映画『ジュマンジ』公式

映画『ジュマンジ』公式

@JumanjiJP

#ジュマンジ は既に海外でスーパー筋肉大ヒットを記録、
Twitterも世界中につながっている…

日本公開に先駆けすでに観たやつがいたら #マジジュマンジ のハッシュタグをつけて感想をつぶやきやがれぇ🔥

いい感想には理想的な筋トレメニューか、昔のゲームの隠しコマンドをリプしてやろう! https://t.co/FQsZYL8lFi

自分で作り上げた自分像をジュマンジの世界に壊されることで、大きく成長していく主人公たち。

ぼくは嫌なことはしたくないし、しないようにして生きてきたけど、不自由であることが人を成熟させることって絶対あると思うんだよね。
今の自分に足りないものをジュマンジに見た気がしたよ……。

映画『ジュマンジ』公式

映画『ジュマンジ』公式

@JumanjiJP

見ぃぃぃぃぃた目はぁ
_人人人人人人人人_
> ザ・ロック! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

頭ぅぅぅぅぅぅ脳はぁ
_人人人人人人_
> オタク! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄
虫は怖いぜ、怖がるぜぇ?

うーーーーーーーーーるぁぁぁぁぁぁ🔥🔥🔥🔥

#ジュマンジ はそんな #マジジュマンジ な映画だ💪
#Kinro https://t.co/sdIffYxVVY

みんなジュマンジみたいな体験ができる

映画『ジュマンジ』公式

映画『ジュマンジ』公式

@JumanjiJP


#ジュマンジ テーマソングが完成⁉
この歌声ってすげぇんじゃねぇの⁉⁉


奇妙キテレツなMVが、クセになりそう~💪💪
ジャック・ブラック&ニック・ジョナスによるまさかの非公式テーマソング完成🔥
しかし‼同時にジュマンジファミリー分裂の危機💥
そんな中強い味方が…#マジジュマンジhttps://t.co/IXFjdOr0hd

今はネットゲームってのがあってな。ジュマンジみたいな世界にアバターを作って、知らない誰かとの冒険が簡単にできる時代になっとるんじゃ。

ぼくも中学生の時にはじめてネットゲーム(FF11だった)に触れて、そこでネットリテラシーとか文字を使ったコミュニケーションとかを学んだ。

初めて作ったブログはFF11のプレイ日記だったし、はじめて作ったTwitterアカウントはエルヴァーン♂のアイコンだった。

ヴァナ・ディールの世界を白い鎧でタゲ取りしてた時間があったからこそ、今のぼくがあるんだなあと思う。

別世界で別人になって自分の知らない自分を見つけるのも、けっこう楽しいし悪いもんじゃないと思うのだよ。

カリフォルニケイションを聴きながら

FF11のこと考えてたらレッド・ホット・チリ・ペッパーズの「カリフォルニケイション」を聴きたくなった。

当時のぼくにとっては、CDが最高のドーナツだったなあっていう。これ聴きながらソロで黒虎の牙集めてたなっていう。

そういえばこのミュージックビデオもゲームがモチーフだったなあ。ゲーム好きやなあ。