ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

マンガ / アニメレビューマンガ / アニメレビューマンガ / アニメレビュー

アニメ「血界戦線」最終話について

2015.10.08

シェア数アイコン5

本編46分だったんだけど、それでも足りなかったと思う。

もうちょっと説明っぽいセリフを減らして、ギルベルトさんにもセリフを与えて、戦闘シーン増やして、90分の劇場版とかにしてくれたらファンとしてはもっと楽しめたかなと。

でもねー、たぶん劇場版にしても集客できないだろうしなー。

ただなんというか、駆け足だったように感じてしまってね……。

っていうか11話までのストーリーをすっかり忘れた状態で見ちゃったもんで、頭の上にハテナマークが出っぱなしだった。録画してこれから見るよって人はこの文章を読んでないと思う(こんなタイトルのブログ、ぼくなら絶対に見る前に読まない)けど、ちゃんと前の録画見返してから臨んだ方が良いよ!

期間が空くとつらい

レオが戦ってた。原作の10巻もそうだったけど、最後はレオが1人で立ち向かう。

目以外は普通の少年って自他ともに認める彼だけど、ツェッドがその普通は一般的に勇敢とか高潔(と言っていたような)ってたぐいのものだって言ってるくだりはまさにそうで、彼は精神的に特別なんだよね。すごいがんばってたし。

いやーでもね、原作一気読みした時はかなり感情移入してしまって10巻の最後の方なんかかなりグッときたもんだけど、これがアニメはなぁ……。こうも期間が空くと、悲しいかな「おー、そっか、そんな感じか」みたいな神の眼視点で見てしまった。

あの時期毎週楽しみにしていた「血界戦線」は、ぼくの中で「最終回未定」っていうタイトルで完結してしまっていたのかもしれない。悲しい。本当に悲しい……。感情が乗らない……。

でもね、終わりが見れて良かった。絵も素晴らしかったし。音楽もいいし、終わり方も素敵。

あぁ、そうだ!少し時間をおいて1話から見直そう!そうしよう。そしたらきっと楽しいぞ。なんだかワクワクしてきた。

まとまらないけど、ほんとうに終わって良かったと思いました。ありがとうボンズ。

ああでもできれば2期とかやってほしいです!!