ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

日常コラム日常コラム日常コラム

腰痛持ちの人が押すといい感じに癒やされるツボの押し方

2014.01.15

シェア数アイコン14

先日「腰痛持ちの奴、小殿筋押してみろ世界が変わるぞ」っていう記事が話題になっていた。

小殿筋、ツボでいうところの環跳ってやつなんだけど、ここを押すと一時的に腰痛が和らぐのだ。

何を隠そう実はぼくも10代でぎっくり腰をしてからの腰痛持ち。今でもこのツボに大変お世話になっている。

なのでどこにツボがあるか非常に詳しいのだ。すんごい分かりづらいツボなんだけど、ぼくなら一発で押せる。押し慣れてる。

ので、なんとか文章でその場所を伝えたいと思う。

へその下から腰骨とおって少しいったとこ

いいか、まずへその下に手を当ててくれ。そこからおしりに向かってスーッと手を動かす。途中で腰骨(ちょっと出っ張ってるやつ)に当たったら、そこから指五本ぐらい過ぎたとこでストップ。そのちょい下がツボだ。

……といっても分かんないよね。つーわけで動画を用意したよ。ここだー!

分からなかった人用に絵も用意しといた。分かるかなぁ……。お尻に力入れると少し引っ込むじゃん。あれのてっぺんのちょっと上。

なんで楽になるの?

あまりの腰の痛さに整骨院に通っていた時に聞いたんだけど、日々の負荷によって腰がダメになってくると、それを補うために尻や足の筋肉が無理をするらしいのね。

無理をしすぎた尻や足の筋肉が「もう限界だー!」となった瞬間に、ぎっくり腰などの症状になって腰の不具合がオモテに現れるんだって。

で、今回のツボを刺激すると、限界に達していた尻や足の筋肉がほぐれて、それらの筋肉が一時的に「あ、まだいけそう!腰の代わりやれそう!」となって助けてくれるようになるんだって。だからちょっとだけ腰が楽になるんだそうな。

ただし、僕は医者じゃないし、このツボに関しても医者の指導を受けたわけではない。整骨院に通っていた時にここをマッサージされて勝手に覚えただけ!

だからなんというか、押す場合は自己責任というやつでひとつよろしく。

もう1個ある気持ちのよいツボ

自己責任ついでにおまけでもう1個、腰が痛いときに押すツボを書き記しておくね。

太ももの裏。太ももの真裏の奥の奥がそのツボ。これもたしか整骨院で押してもらったとこだった気がする。腰が目一杯痛いときに思いっきり押すと無茶苦茶痛いんだけど、これがとても効く。

でも根本的な解決にはならないと思うので、本当は腰痛体操とか地道にやったほうがいいんじゃないかな。

ぼくは押し続けるけども。