ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

映画レビュー映画レビュー映画レビュー

映画『LOOPER』の感想! 全く期待に届かず

2013.01.14

シェア数アイコン0

[wide][/wide]

公開日に映画『LOOPER』を観てきました。ジョゼフ・ゴードン=レヴィット主演の、タイム・トラベルをテーマにしたSF映画です。

ちょっと期待しすぎたみたいで、そこまでテンションが上がる作品ではありませんでした。面白くないわけではなくて、美味しいけど噛みごたえがない感じだなーと思う映画だったのです。

こんなストーリー

ストーリーは、未来の犯罪組織の依頼で過去にタイム・トラベルしてくる標的を処理する殺し屋、通称「ルーパー」を生業とするジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)のもとに、30年後の未来からやってきた自分自身(ブルース・ウィリス)が標的として送られてくるところから始まります。

未来の自分を殺せずに取り逃がしてしまい「今の人生」を失いかけてしまうジョーと、「30年後の人生」を取り戻したい未来のジョー。2人のジョセフが世界を動かす……!!!

みたいな感じ。ちょー面白そうw

俳優が良かったけど

まず、ブルース・ウィリスとジョゼフ・ゴードン=レヴィットがお互いよく似せていたなと思いました。どっちかというとブルース・ウィリスに寄せている感じでしたが、表情の作りかたをよくコピーしているなと。2人ともかっこよかったです。

シド役の子もまさか10歳とは思えない幼さで可愛かったですw 彼の演技も良かった。

ただ、タイムパラドックスに関してはドラえもんくらいのレベルなので、ラストに説得力を感じなかったし、そんなに意外性もなかったし、もちろん驚愕もしませんでした。

「とにかく自分の人生を楽しみたい」と主張していたヤング・ジョーが自己犠牲に目覚めるというストーリーだったとしても、なんかいまいち物足りないなーと……。どっちかっていうとジョーを捕まえようと必死に頑張るキッド・ブルーに感情移入してしましたw

つまらないわけではないです。ただ、気楽に見ないとちょこっとだけがっかりするかもしれません。っていうか配給会社が煽りかた間違えたんじゃないかなー。「世界中が驚愕」した映画だと思わずに、肩の力を抜いたらすんごい楽しめると思います。

以上、『LOOPER』の感想でした。いろいろなところで高評価なので僕の感覚がおかしいのかもしれませんが、参考までに。

LOOPER/ルーパー [Blu-ray]

LOOPER/ルーパー