映画

映画『モンスターズ・ユニバーシティ』の感想! 夢へ続く道はひとつだけじゃないことを教えてくれる映画

投稿時間2013.07.09シェア数0

[wide]https://www.youtube.com/watch?v=RYjysgFDcYc[/wide]

前作「モンスターズ・インク」の2作目となる映画『モンスターズ・ユニバーシティ』を鑑賞してきました。

前作は巨大エネルギー会社で働くマイクとサリー、そしてブーのお話でしたが、今回はその前日譚。大学時代のマイクとサリーを描いた作品です。

あらすじは以下のとおり。それか上の予告動画をチェックしていただければ物語の入り口が見えてくると思います。

幼い頃から“怖がらせ屋”になることを夢見るマイクは、努力して超難関のモンスターズ・ユニバーシティに入学する。そこにはサリーをはじめ、才能あふれる未来の“怖がらせ屋”たちが大勢いたが、マイクには体が小さく“かわいすぎる”という致命的な欠点が…。怖くないために学部を追放された彼は、起死回生の“ある作戦”を思いつくが、その一途な思いはモンスター界のタブーを破り、史上最悪の事件を巻き起こすことになる…。

via:モンスターズ・ユニバーシティ

前作が大好きだったので、今作も期待して観に行きました。で、やっぱり予想通り最高でした! モンスター達はかわいいし、物語も素敵。楽しい110分でした。ということで以下ネタバレを含む感想です。注意してください!

1.ストーリーが素敵

まずやっぱり物語が良かったです。前日譚ということもあって「このあとマイクとサリーは……」とか「でも大丈夫、きみたち怖がらせ屋になれてるから!」とか色々と考えちゃって最初からクライマックス! 特に子どもマイクの夢見る表情がめちゃくちゃかわいくて、もうそれだけで涙が出そうになってしまいました……。

そんなマイクも成長し大学生になり、天才サリーと出会います。彼らは協力して追放された「怖がらせ学部」に戻ろうと大会で大活躍。学部に戻れる寸前までいくのですが、結局彼らは「怖がらせ屋」になるためのストレートな道から外れてしまうのです。

でもご存知のとおり、インクで立派に働いている彼らに出会うことができます。そのストーリーが、才能のある人間(モンスターだけど)が夢を持ち続けて、それに向かって努力できれば道はひとつだけじゃないんだというのを教えてくれているように思いました。

ちゃんと「才能のある人間」に絞っているところにディズニーの優しさを感じましたw 自分のできることを生かせる場所で努力するってのが大事なんだなと改めて気付かされます!

前作は前作で「笑顔がいちばん」みたいな、人を笑わせて、そして笑って過ごすことがとっても素敵なんだということを教えてくれる作品でした。今作のテーマと合わせて観ると、またグッとくるものがありますよねぇ。

2.キャラクターがかわいい

マイクやサリーはもちろん、彼らが所属するクラブ「ウーズマ・カッパ」のメンバーがユニークでかわいらしかったです。

元セールスマンのドン・カールトン、5つ目のスコット・スクイブルス、毛むくじゃらのアート、双子のペリー兄弟と魅力的なキャラクターばかりでした。特にスコット・スクイブルスは個人的にかなりお気に入りです。めちゃめちゃかわいいし、子どもの怖がらせかたもユニークで大好きになりました。

こんなキャラアイテムにもなってます。かわいい!!

ウーズマカッパ

あと注目すべきは前作て敵役だった紫色のカメレオン、ランドール・ボッグスです。マイクの最初のルームメイトで、本当はめちゃめちゃいい奴だったんですね……。かなり驚きました。

最初に仲良くなった人(ランディ)より、印象が悪かった人(サリー)の方が仲良くなれるっていう学校あるあるもうまく使われていましたねぇ。

目つきが悪くなってしまった(最初はパッチリしてた)理由や、サリーを目の敵にするようになった理由も今作で明かされます。ほとんど逆恨みですけど、悪い奴としての魅力が増したきっけを見れたのは嬉しかったです!

3.アニメーションがパワーアップ

前作「モンスターズ・インク」の予告と比較するとよく分かるのですが、アニメーションが格段に良くなっています。

前作が2001年公開だったので当たり前っちゃ当たり前なんですけど、それでも感動的でした。モンスターたちの表情、特に人間の子どもの顔なんかは違和感なくグレードアップしていて気持ちよく見れたのは良かったです。

そのキャラクターを生き生きとしたものにする、声を演じた爆笑問題の田中さんとホンジャマカの石塚さんも素晴らしかった。1年前、特報が流れた時に声が違うのに気づいて心の底からガッカリしていたので、予告で声が戻っていた時には心の底から安心しましたw

子どもと一緒に見たい映画

といっても僕は子ども居ないんですけどw でもいつか生まれたら観せてあげたいなと思える映画でした。子どもから大人になるまでに何度も色んな角度から楽しめる映画なんじゃないかなと思います。

そして3作目にも期待したいです! 前作の後日談なのか、謎に包まれたサリーのお父さんの話になるのか……。っていうかあるのかなぁ。無さそうだけどぜひ作って欲しいなと思います。

ということで感想でした!

モンスターズ・ユニバーシティ