1. ナノカモ
  2. 映画とドーナツ
  3. パシフィック・リム レビュー
© 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC
映画とドーナツ

パシフィック・リムレビュー

投稿時間2013.08.18シェア数0

でっかいロボットが巨大なKAIJUをぶん殴るまくる映画「パシフィック・リム」が公開されたので観てきた。

ぼくが見たのは吹き替え 3D 版。声優陣も豪華で、派手なアクションシーンに興奮できた。
特に予告編で「エルボーロケット」だった必殺技が「ロケットパンチ」になっていたのは感心したよ。

ということで全体的に満足できたのだけど「もっとこうだったらな」というポイントも合わせて紹介するよ。

驚きの VFX も画面は暗め

この映画の注目ポイントは、やはりロボットと KAIJU によるド派手なバトルシーン。
でっかいロボットが謎の巨大生物を殴り飛ばしたり、投げ飛ばしたり、銃弾を浴びせたり……とにかく大迫力だった。

その戦いっぷりの無骨さがたまらなくクールだったのだけど、どうも画面が暗い。

戦っているのが夜だったり深海だったりと、敵となる KAIJU の姿はもちろんロボット達の姿がよく見えなかったのは残念だった。

ロボットのデザインや街の雰囲気はいい具合にチープで、馴染み過ぎず、若干浮いているくらいの雰囲気は特撮っぽくて良かった。昔のゴジラを思い出す感じ。

でもせっかくのキャラクターが暗くて見えづらいってのは勿体なかったかなという印象だ。

強力な KAIJU たち。でもストーリーは無い

ぼくは日本の特撮が大好きだ。

小さい時からウルトラマンやゴジラ、仮面ライダーなんかに親しみながら、そこに登場するヒーローはもちろん、敵対したり共闘したりする怪獣たちにも魅了されてきた。

なぜ魅了されたか。それは、その世界に登場する怪獣たちに魅力的なストーリーが用意されていたからだ。

怪獣ごとに意思や存在理由があって、それぞれの正義、思想、本能の元でヒーローと対峙していた。
だからこそ、ぼくのような子どもはヒーローよりもキングギドラやレッドキング、ラドンに憧れていたのだ。

しかし「パシフィック・リム」の怪獣にはそれが無かった。

彼らには意思が無い。量産型のクローンであり、地球征服のために異世界人に送りこまれた“クリーチャー”なのだ。

ぼくとしては、ただのやられ役では面白くない。そのフォルムにも魅力を感じなかった。

誰か異世界の者に操られているにしろ、しっかりと一体一体の個性を描いてほしかったというのがぼくの感想だ。

吹替版声優が魅力的

ぼくは映画を吹き替えで観ることが多い。「パシフィック・リム」も吹き替え版を観た。

過去のロボットアニメ作品を思わせる有名声優のオンパレードで非常に楽しめた。

林原めぐみ、古谷徹、玄田哲章、三ツ矢雄二、池田秀一、浪川大輔、千葉繁、杉田智和などなど……。
誰かが喋るたびに「おお!」と思えるのは楽しい。

ロボット好きなら楽しめる

ぼくはとにかく怪獣が好きで、怪獣映画だと思って「パシフィック・リム」を観賞したのだけど、それが間違いだったというか……。

これってポスターとか見てもらえば分かるとおり、ふつうにロボット映画なんですよね……!

前述したとおり怪獣映画だと思うとものすごく物足りない。でも、ロボット映画だと思って観賞するとめちゃくちゃ優秀。かっこいいし感動できるし泣ける。

ロボットを強力なヒーローとして描き、パイロットの成長を描き、大団円で終える……。まさに理想のロボット映画という感じ。

ぼくのように勘違いせず、ぜひみなさんにはロボット映画として楽しんでいただきたい。そのように思いました。