ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

映画レビュー映画レビュー映画レビュー

映画『パシフィック・リム』の感想! 吹き替え3D版を観てきました

2013.08.18

シェア数アイコン0

[wide][/wide]

でっかいロボットが巨大なKAIJUをぶん殴るまくる映画『パシフィック・リム』が公開されたので観てきました。

僕が見たのは吹き替え3D版。声優陣も豪華で、派手なアクションシーンに興奮して帰ってきました。特に予告編で「エルボーロケット」だった必殺技が「ロケットパンチ」になっていたのは良かったなー。なんか笑っちゃったけどw

ということで全体的に満足できたのですが、「もっとこうだったらな」というポイントも合わせて紹介したいと思います。

1.CGがすげぇんだけどなんか暗い

この映画の注目ポイントといえばやっぱりバトルシーンですよね! でっかいロボットが思いっきり怪獣を殴り飛ばしたり、投げ飛ばしたり、銃弾を浴びせたり……とにかく大迫力。

戦いっぷりがたまらなくカッコいいのですが、それは良いとしてどうも画面が暗い。

戦っているのが夜だったり深海だったりと、敵となるKAIJUの姿はもちろんロボット達の姿がよく見えなかったのは残念でした。

ロボットのデザインや街の雰囲気はいい具合にチープで、馴染み過ぎない若干浮いている感じが特撮っぽくて良かったと思います。昔のゴジラを思い出しました。

でもせっかくのキャラクターが暗くて見えづらいってのは勿体なかったです。

2.KAIJU強ぇんだけどこいつらストーリーが無い

僕は日本の特撮が大好きです。ウルトラマンもゴジラも子どもの特に散々観てきました。ウルトラマンしかり、ゴジラしかり、もちろんガメラもそうなのですが、そこに登場する怪獣にはストーリーがありました。

一体一体に意思や存在理由があって、ヒーローよりも怪獣を好きになった子どもも多かったと思います。僕もキングギドラ(メカもカッコいい!)、レッドキング、ラドンが大好きでした!

でもパシフィック・リムの怪獣にはそれが無いのです。彼らには意思が存在せず、量産型のクローンであり、地球征服のために異世界人に送りこまれたクリーチャーなのです。

そこがストーリーに深みをもたせられなかった原因かなと思いました。ただのやられ役では面白くないですよね。フォルムもかっこよくなかったし……。

やっぱ誰か異世界の者に操られているにしろ、しっかりと一体一体の個性を描いてほしかったです。

3.声優もよかった! 吹き替え最高

基本映画は吹き替えで観ます。字幕はよく「なぜこうなった!」みたいなことが多くて、英語を聞きながら「あれ? 何でそう訳すの」などとほとんど英語が分からないながら(分からないから余計……)本筋から思考がそらされることがあるので、あまり好きではありません。

この『パシフィック・リム』も同様、吹き替えで正解だったみたいです。日本語の台詞がなんだかおかしかったという感想を散見したりもしたので……。吹き替えで観るのがいいのかな!

菊地凛子はなぜか綾波(声も役も)ですし、その他有名声優のオンパレードとなっております。吹き替え版は3Dなのでお得感もあります。

やっぱり爽快な映画は吹き替えに限りますよ! ま、好みですけど……。

怪獣好きなら楽しめる

1体目の登場時にの曲とか、鳴き声とか、襲われる民間人とか、そういったシーンは怪獣系特撮が好きなら間違いなく楽しめるはず。でもあんまり後には残らないというか、観終わった後まで楽しめる感じではないかなーとは思いました。

やっぱ鑑賞後に「あの怪獣のあれはえげつない」とか「ビオランテとかデストロイアにも余裕勝ちできそう」とかそういうことを考えたいんですよね。僕ロボットとかそこまで好きじゃないし……。

あー、でも機龍は好きです。なんだろ、ロマンでしょうか。

ただ観てる時は面白かったですよ。本当に! そんな映画でした。気楽に観てみてください。