ゲーム

課金要素があるだけで敬遠するのはもったいない! ゲーム『実況パワフルプロ野球 2013』のサクセスが面白いと思うこれだけの理由

投稿時間2013.11.27シェア数4
僕はパワプロが好きだ。パワプロで野球を知った、といっても過言ではない位好きだ。野球部との会話に困ったらとりあえずパワプロの話をしとけばいいと思い込んでるくらい好きだ。なんでもかんでも「G」から「A」の能力値に例えたくなるくらい好きだ。アイドルだって落語家だってコンビニだって擬選手化できるくらいパワプロ脳なのだ。

僕はパワプロが好きだ。パワプロで野球を知った、といっても過言ではない位好きだ。野球部との会話に困ったらとりあえずパワプロの話をしとけばいいと思い込んでるくらい好きだ。なんでもかんでも「G」から「A」の能力値に例えたくなるくらい好きだ。アイドルだって落語家だってコンビニだって擬選手化できるくらいパワプロ脳なのだ。PlayStation 2を買ったのもパワプロをやりたかったからだった。

なので、パワプロは毎年買っている。決定版だって買っている。シーズン後の各プロチームの選手能力を確認するためだけに買っていた。

それは今年も変わらなかった。新しく『実況パワフルプロ野球 2013』が発売され、漏れなく購入したのだった。

しかし! この新作ゲームの前評判は最悪だった。特にパワプロの人気モードである「サクセス」に関して否定的な意見が多かったのだ。

この「サクセス」は、守備位置、名前、顔、打撃・投球フォームなどを自由に設定し、育成シミュレーションゲーム方式で好みの選手を作り上げるというもの。そこに課金要素が追加され、金さえ払えば時間を一週間遡ることも可能、ガチャ、デッキシステム、アイテム購入でサクセスが有利に進むシステムなどなど、コンシューマーゲーマーが毛嫌いする要素がふんだんに盛り込まれたのだ。

だからサクセスにはまったく期待せずに購入した。田中将大の能力がどれだけすごくなっていたのか、斎藤佑樹に「ケガしにくさ2」が付いているのかどうか、それだけ確認できれば良かったのだ。

でもやることはやる。自分の理想の選手を作れるサクセスモードは大好きだし、評判の悪いそのシステムがどれだけ今までのサクセスをつまらなくしているのか確認したかったからだ。

結果どう感じたか。簡単に言うとめっちゃくっちゃ面白かった。なんだあの前評判は。面白いよこのやろう!! ふざけんなよ今までで1、2を争う面白さだばかやろう!!! そう思った。

ということで、なぜそう思ったのかを以下で説明していく。

1.デッキシステムが面白い

ゲーム『実況パワフルプロ野球 2013』におけるサクセスモードの目玉システムがこれ。過去シリーズに登場したサクセスキャラから好きな選手を6人まで設定し、そのキャラに合わせたイベントをサクセス内で楽しむことができる。

event deck

今までのサクセスは、作成したい選手に合わせていくつかのシナリオの中から1つ選び、それに沿った固定ストーリーを楽しむというものだった。シナリオによって登場するキャラや発生するイベントが違い、それによって得られる特殊能力や伸びやすい能力が違うからだ。もちろん12球団編などシナリオ数が多ければ選択肢も増えたが、今回のデッキシステムと比較すると自由度は低い。

自由度が低いとすぐ飽きるのだ。繰り返し同じ条件で選手を作り続けるなんて僕にとっては苦行でしかない! だから毎年12球団編になってくれと願っていたわけだけど、そんなの叶うはずもなく……。

でも2013は良い意味で裏切られた。過去シリーズのキャラが勢揃いして、好きに組み合わせて遊べるのだ。発生させたいイベントに合わせてキャラを選ぶ必要があるため、シナリオを選ぶのと変わらないんじゃないかと思うかもしれない。が、6人まで好きなキャラを選べた方が断然自由じゃなかろうか。

しかもそのキャラにレア度というものがある。レア度によって発生するイベントが変わり、基本的にそれが高ければ高いほど良い特殊能力を得られる。レアなキャラをゲットするにはひたすらガチャを回すか、作成したキャラで遊べる「パワチャレ」を攻略しなければならない。

もちろんレアなキャラをゲットするためには、課金してガチャを回すにのも有効なのだが……でもね、基本的に課金なんかする必要は無い。放っといてもレアキャラは集まる。僕がそうだから間違いない。

とにかくサクセスでキャラ作成 → パワチャレ攻略 → キャラゲット → より良いデッキでキャラ作成……という流れが自然すぎて抜け出せない。だから面白い。

2.サクセスで選べるシナリオ数が多い

デッキシステムで育成中に協力してくれるキャラを自由に選べるうえ、なんとシナリオは9つも用意されているのだ。ただし、2013年11月27日現在で遊べるシナリオはまだ2つ。今後のバージョンアップで順次追加配信されていくこととなる。

好きにキャラを選べるうえ、シナリオは最大9つ……。もうね、サクセス好きにはたまりません。

success

追加配信というやりかたも素晴らしいと思う。まず中古で売ろうという気が起きないし、一度離れても追加配信のタイミングでもう一度プレイしようという気になる。のんびり遊べるってのは素晴らしいことだ。

飽きさせない工夫としてもいいと思った。

3.選手を作る目的が明確

今までのサクセスは選手を作ってもそれをどうしていいか分からなかった。オールAの完璧な選手を作っても、完全に自己満足だったのだ。

オールAだから何? なんの意味が? いったい何してんだ俺。ゲームやめよ……という心理状態に陥りがちだった。目的がないからとにかく嫌になるのが早かった。自分が歳をとったせいかもしれないが、好きなように選手を作ってニヤニヤすることだけに魅力を感じられなくなっていた。

そこにきてパワチャレである。作った選手を登録して他のプレーヤーと試合をして楽しむこのモードは、"今後のサクセス(選手作成)に影響を与えられる形"で、オリジナル選手を活用できる仕組みなのだ。

pawa challe

いままでもオンライン対戦などあったが、そこでの好成績が何か他の要素に影響することがほとんどなく、対戦に勝利して得したと感じられるタイミングが無かった。

ところが今回は前述した「サクセスでキャラ作成 → パワチャレ攻略 → キャラゲット → より良いデッキでキャラ作成」という循環によって選手を作るたびに得した気分になれるのである。

これを考えたコナミはマジで偉い!

4.課金による差はほとんどない

で、課金である。こんなもんしなくて良い。したければしたらいいし、したくないならする必要はない。そこに存在するだけで、認識しなければ空気のようなものだ。あってもなくても同じ。作品の魅力は大して変わらない。

時間が戻せたっていいじゃない。ダイジョーブ博士で失敗したらすぐにリセットしてたじゃないか。今はリセットして選手をいちから作り直す時間がないんだ。子どもにも、大人にも、そこまでゲームを費やす時間はないのである。過去作のファンであればあるほど抵抗があるだろうが、時代なんだ。みんな忙しい中ゲームしてるんじゃないかな。

パワチャレに関しても課金で選手枠を増やせるけど、別に増やさなくても問題ない。神経質にならないほうがいい。

もし課金システムが嫌で敬遠しているなら、こんなに損なことはない。課金システムを嫌って2013をやらないなんてもったいなさすぎる。本当に。

5.だから飽きない

何度も言うけが「サクセスでキャラ作成 → パワチャレ攻略 → キャラゲット → より良いデッキでキャラ作成」これである。この循環がとにかく良い。

加えて毎日のログインボーナスや曜日によるサクセスボーナスで毎日ゲームを起動させる仕組みを作っているし、その割にサクセスモードはシビアでオールAを作るのが難しめだったりするからやりこみがいもある。飽きない。とにかく飽きない。

僕はここ数年のパワプロシリーズ全てを購入して、1週間以内には下取りにだしていた。すぐにだいたいやりきって飽きてしまうから。でも今回は違う。購入して1ヶ月近く経とうとしているが、一向に飽きる気配が無い。まだまだ遊びたい! そう思えるゲームだ。

……以上は僕の視点からの話。あなたがどう感じるかは、安いんだし遊んでから判断して欲しい。少なくとも99年の社会人編から欠かさずサクセスをしてきた僕はオススメする。冥球島面白かったなぁ……。

もっといろいろ言いたいことはあるけど、つまらない話になるからこのへんで! 否定的な意見の多いAmazonのレビューも参考にしつつ、購入を検討してみてください。