ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

ゲームコラムゲームコラムゲームコラム

シリーズ20周年記念イベント「ペルソナ20thフェス」潜入レポート

2017.01.05

シェア数アイコン5

よお、クロジだ。

ペルソナシリーズ20周年を記念したリアルイベント「ペルソナ20thフェス」が、東京は秋葉原にある元千代田区立練成中学校校舎"アーツ千代田 3331"にて開催された。

ビジュアルの進化とメッセージ性の強いストーリーが魅力の傑作「ペルソナ5」

学園を舞台に描かれるペルソナシリーズの雰囲気を実際の校舎で文化祭的に楽しめる「体験型ペルソナ文化祭」と銘打たれた本イベントに、ペルソナ2からのシリーズファンである、ぼくクロジが潜入してきたのでレポートしたいと思う。

ぼっちでもなんとか楽しめたので、少しでもその雰囲気が伝わればいいな。

ペルソナ20thフェスとは

2016年12月8日から12月18日まで開催されていた、ゲーム「ペルソナ」シリーズをモチーフとしたリアルイベント。シリーズ20周年を記念して、その魅力に触れるコンテンツが満載の「体験型ペルソナ文化祭」だ。

2005年に統合により閉校した千代田区立練成中学校の校舎を利用した施設"アーツ千代田 3331"を開催場所としていたり、体育館の模擬店やP4(ペルソナ4)劇中に登場した「占いの館 THE 長鼻」の再現などもあって、イベントの雰囲気はまさに文化祭。

他にも、ベルベットルームやジュネスフードコート、メメントス、イセカイナビの空間再現なども注目ポイント。

シリーズファン(特にP3からのファン)であれば必ず楽んで帰れるイベントだ。

以下、会場内の展示を写真で振り返ってみるね🙂

メメントスとモルガナカー

ペルソナ20thフェスの入り口

会場への入口は、イセカイナビのアイコンが大きく描かれたカーテン。ここをくぐるとP5主人公の声が流れ、来場者をペルソナシリーズの世界へと誘う。

トンネルを抜けると、目の前はすでにメメントス。モルガナカーが待ち受けている。

メメントスとモルガナカー

モルガナカーをこんなにしっかり観賞できると思わなかったのでとっても感動した。

モルガナカーのフロント

ちゃんと尻尾もついてる。なぜか築地ナンバーだった。

築地ナンバー

内装はいたってシンプル。ナビ付きっぽい。運転してみたいぞ……!

モナの中身

ベルベットルーム

ちょっと青すぎる部屋

少し進むとペルソナシリーズおなじみのベルベットルームが登場。

真っ青なライティングでゲームそのままの雰囲気が再現されている。この部屋では、ルーム内で流れる曲「全ての人の魂の詩」のピアノ生演奏も行われた。

また、目の前に居る人の動きを認識してリアルタイムにペルソナを表示するARデジタルサイネージも設置されている。これ、けっこう楽しい。

自分のペルソナを映す鏡

鏡の前に立ってニコッと笑うだけでペルソナが出現するということで、ぼくも試してみた。

我がペルソナはヨシツネ

出現したのはチート級に強いと言われている"ヨシツネ"だった。岩手出身のぼくのペルソナがヨシツネ。八艘飛びのヨシツネである。たまらなくうれしい😂

ぶっちゃけ、ひとりぼっちで巨大ディスプレイの前に立ち、カメラに向かってニコッと笑うのはかなりハードルが高かった。それでも笑えたのは、我がペルソナであるヨシツネが勇気をくれたからからかもしれないね……。

ジュネスフードコート

ジュネスフードコート

次は屋上のジュネスフードコート。ペルソナ4に登場したあのフードコートである。

とはいえ、ここで飲食物は販売されていない。休憩スペース&コスプレイヤーの撮影スペースとして開放されていた。

さらに、一日のうち何度か飴細工イベントが開催されていて、タイミングが合えば、飴細工職人の水木貴広氏によるペルソナキャラ細工の実演コーナーを楽しむことができた。

飴細工コーナー

ぼくはタイミングが合わなかったので、すでにできあがったものを見学してきた。

まずこちらは白いクマ。なんだろ、失敗作なんやろか。

白いクマ

こちらはちゃんとしたクマ。かわいい。

かわいいクマ

シャドウクマも。こわい。

シャドウクマ

ペルソナ3のマスコットキャラ、コロマル。これはかわいいではなく"かっこいい"!

コロマルくん

そして、猫じゃないモルガナ!

モナちゃん

最後はこいつ。シリーズ全作品に渡って登場する人気キャラ、マーラ様だ😎

マーラ様

マーラ様はあれだけど基本どれもかわいい。作ってるところ見たかったなあ。

ペルソナシリーズ歴史資料館

歴史資料館

飴見物を終えたら、次はペルソナの歴史を振り返ってみよう。会場には二次展開等で使用したオフィシャルイラストや設定画を展示する歴史資料館が設置されている。

ペルソナ1&2の展示は少なめだったけど、3〜5とその派生作品の展示は非常に豊富だった。

たとえば以下は、ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ(P4U)登場の対シャドウ兵装・ラビリスが用いるブースター付きの巨大な両刃斧の実寸台レプリカ。こんなアイテムが多数展示されている。

ブースター付きの巨大な両刃斧

以下の衣装はペルソナ4・ダンシング・オールナイト(P4D)に登場したアイドル・真下かなみの衣装。アイドルってこんな服でおどるんだね。すごいね。

かなみんキッチン

そしてそして、以下は舞台版ペルソナ3で使われたと思われる召喚器とホルダー。舞台版の主人公の名前である朔也&琴音の名前が確認できる。2017年も舞台があるから、そこでも使われるのかな。それともボロボロだからお役御免なのかな。

召喚器

また、フィギュアの展示も多数。たくさんあったのだけど、歴代シリーズで一番好きな男女キャラだけ撮ってきた。里中千枝足立透である。里中の撮影アングルに他意はない。ほんとに。

カンフー
キャベツ

ペルソナシリーズを扱うトークバラエティ情報番組・ペルソナストーカー倶楽部の公式グッズも展示されている。各種入会の証や……。

ストーカー倶楽部、入会の証

番組MCの磯村知美さんとマフィア梶田さん、そしてマスコットであるクマのぬいぐるみが置かれていた。ちなみにマフィア梶田さんはぼくと同い年。知った時びっくりした。

磯村知美さんとマフィア梶田さん

ペルソナ5の限定グッズの展示もあった。このヘッドホン欲しかったんだよなあ……。

双葉ヘッドホン

さらに、モナと主人公のちびフィギュアと仮面も発見。この仮面、装着したかった……!

主人公の仮面

ペルソナ5資料館

ペルソナ5資料館

歴代シリーズの資料館とは別に、ペルソナ5に内容を絞った資料館も用意されていた。

主にビジュアルアートが大量に展示されていて、非常に見応えがあった。とにかくかっこいい絵がいっぱい!

かっこいい絵がいっぱい

特に主人公絵はすさまじいくらいクール。以下の3枚は最高にかっこよかった。

赤目の主人公
ロード時の主人公
影が躍動する主人公

そんな中、ダントツで目を惹いたのがこの絵。鴨志田の破壊力やばい。

鴨志田の自画像

さらにサユリの自画像ね。斑目氏に魔改造される前のオリジナルを観賞できてよかった!!!

サユリ

あと、監修中の未塗装フィギュア。主人公がとにかくかっこいい。

主人公の未塗装フィギュア

別角度もどうぞ。

別角度の主人公

さらに、杏ちゃん。腰の角度がすごい。

腰の角度がすごい杏

そして双葉ちゃん。なぜかTシャツだけ赤く塗られてる。

Tシャツだけ少し塗られた双葉ちゃん

ジュスティーヌとカロリーヌも。

ジュスティーヌ&カロリーヌ

ここのコーナーはだいぶ見応えあった。眺めながらお酒飲めるレベル。鴨志田&サユリはほんと感動。最高だったよ。

模擬店エリア

模擬店エリア

ペルソナ20thフェスの会場には、模擬店エリアも設けられている。さすがペルソナの文化祭といった感じで、そういうとこもちゃんと再現しているみたい。

以下の4つの出店があったので少しだけ遊んでみた。けっこうぼっちにはつらかったけど、勇気さえあれば大丈夫。ひとりでも生きてける!

射的

キャサリンモチーフ

ペルソナシリーズとは別なんだけど、射的コーナーはキャサリンというゲームをモチーフにしたものだった。主人公のヴィンセントや作中に登場する羊を撃ち落とすことで、景品のシールをもらえる。

ぼくは羊を1体撃ち落として、シールをワンセットもらった。ペルソナシリーズ歴代主人公のちびキャラが描かれたものが6枚。うれしい……!

ペルソナステッカー

この射的コーナーは1回しか挑戦できない。ゆえに射的の腕がないとステッカーをゲットできないのだ。せちがらいけど、ルールだからしかたないよね。ほんと当てれてよかった……。

スーパーボウルすくい

スーパーボールすくい

次はスーパーボールすくい。どんなルールだったか忘れたけど、たくさんすくうとたくさん景品が貰える仕組みだったような気がする。

ぼくはこれがすこぶる苦手で、けっきょく1個ぐらいしかすくえず……。クマとモナの2種類のスーパーボールがあったのだけど、モナしか貰えなかった。ざんねん。

モナのスーパーボール

カプセルトイ

カプセルトイコーナー

一番空気が殺伐としていたのがカプセルトイコーナー。おそらく複数のペルソナ5キャラ缶バッジが当たるカプセルトイなんだと思うんだけど、コンプリートを目指す人達が連続で回しまくっててほんと空気がすごかった。

ぼくは間を縫うように1回だけ挑戦。三島くんが当たった。ぼくらしいかな。ウェブサイトのデザインセンスと実装スキル半端ない三島くん、好きだよ。

三島くん

物販コーナー

物販コーナー

最後は物販コーナー。ぼくはお金が無いので特になにも買わなかったよ😂

ちなみに、ここで売られていたものはアトラスのオフィシャル通販サイトで購入できる。気になる方はぜひそちらをチェックしてみてね。

占いの館

占いの館は写真NG。ちゃんと体験したんだけど、どういうものか写真でお伝えできないのが残念だ。

これは、ペルソナ4の文化祭でマーガレットが出店した「占いの館 THE 長鼻」という占いコーナーを再現したもの。複数人まとめて占いできるというもので、ちゃんと生きた(?)マーガレットさんに会うことができる。

しかもちゃんとタロット占いをしてもらえる。出たカードは皇帝で、なんかこう、いいことがあるとか無いとか言ってた気はするんだけど、マーガレットさん観賞に集中しすぎて覚えてない。ごめん!!

でもなんかすごく楽しかった。うん。

PERSONA SUPER SOUND HOUSE

ミュージックフロア

さて、次はPERSONA SUPER SOUND HOUSEっていうミュージックフロア。ペルソナ4・ダンシング・オールナイト(P4D)をイメージしたのかな。DJブースもしっかりあったりする。

DJブース

ここでは、DJ WAKA氏によるパフォーマンスを楽しめる。歴代ペルソナサウンドをリミックスしたライブが開催され、そのクールな音楽を全身で感じられるのだ。

どの曲でも会場は盛り上がってたんだけど、やっぱりP5の曲はかなりぶち上がる。バトル曲はほんとかっこいいかんな。

みんな、サントラ買おう!!

20th記念イラスト色紙展示

ペルソナシリーズの展開に関ったイラストレーターを中心に、40名以上が描いた20周年お祝いイラスト色紙の展示がこちら。

どこかで見たことがあるタッチのペルソナキャラがぎっしり並べられていて、隅から隅までしっかり観賞しようとするとけっこう時間がかかる。お気にいりを見つけて写真撮るのが楽しかったよ!

クマ&モルガナ グリーティング

モナちゃん

決まった時間になると、会場内をクマとモナが練り歩く。どちらもめちゃくちゃかわいい。もちろん周囲には人だかりができる。写真撮るだけでもけっこう大変だった。

モナをもう1枚。かわいい。

右手で顎をさわるモナ

さらにこちらはクマ。思わず駆け寄りたくなるくらいかわいい。いっしょに写真撮ってる人もいたけど、ぼっちのぼくにその勇気はない。

クマとクマに駆け寄る女性

なのでできるだけ近づいての接写。目の中にぼくが居る気がする……!

クマの目の中にぼく

縮んだクマも見れる。ちっちゃくてかわいい。

縮んだクマ

葛葉探偵事務所

ペルソナ2好きとしてかなり嬉しかったのは、この葛葉探偵事務所。ほぼほぼ再現されててすごく楽しかった。

棚のファイルもそれっぽい。ちゃんと"噂"を調査しているのだね。

噂や浮気の調査

古臭いデスクトップPCや机もそれっぽい。

古臭いPC

もちろん巨大まねき猫もそこにあった。空気で膨らますタイプだけど。

巨大まねき猫

これはアンケート回収ボックスになっていて、足元にある箱にアンケート用紙を投函すると、まねき猫が「にゃー」と鳴くギミックが仕掛けられている。しっかり録音したよ✋🏻

アンケート回収ボックスでした

モナとクマに会えたのが一番の思い出

ペルソナ20thフェス

というわけで、ひととおり回ったわけだけど、やっぱり一番うれしかったのはモナとクマに会えたことかな。

だってめちゃくちゃかわいいんだもん!

もうね、ふざけんなと。なんでぼくひとりで来ちゃったんだろうなと。モナとかクマに抱きたかった。そんで誰かに写真を撮ってもらいたかった……。そういう気持ちでいっぱいです。ぼっちじゃ絶対ムリだもんな。悔しい。

とはいえ、ちゃんと楽しめた。こういうイベントって行くまでけっこう億劫なんだけど、行ってみるとけっこう楽しいんだよね。じっくり観賞できるものがたくさんあるからさ。

またこういうのがあったら行きたいなと思ったよ😎

ゲーム「ペルソナ5」の舞台、渋谷センター街を聖地巡礼

ゲーム「ペルソナ5」の舞台、三軒茶屋と渋谷駅を聖地巡礼

ゲーム「ペルソナ5」とパセラによるカラオケ店舗限定コラボメニューの実食レポート

ゲーム「ペルソナ5」とパセラのコラボカフェ潜入レポート