ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

Macの使い方Macの使い方Macの使い方

MacにiPhoneを接続した時に写真アプリを自動起動させない方法

2016.01.07

シェア数アイコン86

iPhoneを充電するたびに自動で起動する写真アプリ。使ってます?自動で出てくるけど、使いますかこれ。ぼくは使ってないです。

スマートフォンで撮影した写真をMacで取り込む理由が全然なくなっちゃったってのが理由。Googleフォトっていう写真&動画をバックアップしてくれるアプリが便利すぎて、そもそもiCloudを使った写真の同期機能すら使ってないからね。超Google依存。なんでぼくiPhone使ってるんだろ……。

さておき、何が言いたいかっていうと、つまりは単純に写真アプリの自動起動を止めたいわけよ。

今回はそのやり方を解説するよって話。

でね、もし「あ、ぼくもです!やり方わかんない!」っていう人が居るかもしれないなと思ってさ。親切心でこれ書いてんの。褒めろよ(©GLIM SPANKY)。

写真アプリの自動起動とは

じゃまず初めに自動起動とはなんぞやってとこから。

とりあえずiPhoneをはじめとしたiOSデバイスやビデオカメラなどの撮影機器なんかをUSB経由でMacに接続してみてほしい。

すると勝手に写真アプリが起動して以下のようなウィンドウがフワッて出てくるとおもうんだけど、つまりはこの現象のことを指してる。

自動起動する写真アプリ

映像を取り込む手段が写真アプリ経由でしか無い場合や、「Macにつなぐ=写真&動画の取り込み」っていう選択肢しか無い場合はそこそこ便利。

でもiPhoneを充電したいだけの時ってあるじゃん。充電のためにMacに接続したいのに勝手に起動するのってちょっとうざい。ウィンドウがフワッとなるの邪魔だし。

あとはiTunesでバックアップをとりたい時とか、写真の取り込み以外の操作をしたい時もうざい。いやいや呼んでないから!ってなる。

ということで、この自動起動を止める方法を二つ紹介する。好きな方を設定しな!

端末ごとに自動起動のオン/オフを切り替える

まずは端末ごとに設定する方法。iPhoneでは起動したくないけどビデオカメラがでは起動したい!などなど、Macに接続する端末によって写真アプリの起動をコントロールしたい場合はこちらの方法がオススメ。

やり方はとっても簡単。まず最初に端末をMacに接続して写真アプリを起動させる。

自動起動する写真アプリ

起動したら左上に「このデバイスを接続した時に"写真"を開く」とあるので、左側にあるチェックボックスをクリックしよう。チェックが外れたら完了。

チェックを外す

これ以降、この時接続していた端末に限り、Macに接続しても自動で写真アプリが起動することはなくなる。

iPhoneを初期化して工場出荷状態にするなどしたら、この設定も無効化されて自動起動が許可された状態に戻っちゃうかもなので注意ね!

デフォルトで自動起動しないように設定する

次はデフォルトで自動起動しないように設定する方法を解説するよ。

以下の設定をすると、どの端末を接続しても写真アプリが起動することはなくなる。個別に自動起動を許可することもできない。とにかく絶対に自動起動しなくなるんだ。写真アプリが嫌で嫌で仕方ない人にオススメの設定だよ☆

はい、じゃあやってみよう。まず「ターミナル」っていうMacに入ってるアプリを起動する。

Macのドック(上下左右どっかにあるはず)にある「Launchpad」っていうロケットマークのアイコンをクリック。

Launcjpadをクリック

するとMac内のアプリ一覧が表示される。どっかに以下のようなアイコンで「ターミナル」って名前のアプリがあるからクリックして起動しよう。

ターミナルアプリのアイコン

あるいは、デスクトップでキーボードのcontrol⌘ commandを同時押しして検索窓を表示し、「ターミナル」と入力しよう。入力後エンターキーを押せばすぐに起動する。

Mac内からターミナルを検索

起動したら以下の文字列をコピーしてほしい。

自動起動をオフにするコマンド
defaults -currentHost write com.apple.ImageCapture disableHotPlug -bool YES

コピーしたら先ほど起動した「ターミナル」にペーストしてエンターキーを押そう。

ターミナルに入力

以上で完了。iPhoneをMacに接続し直してみてほしい。写真アプリが自動起動することはないはずだ。

コマンド入力後も自動起動するようなことがあったら、その時はMacを再起動してみよう。

この操作以降は、写真アプリの「このデバイスを接続した時に"写真"を開く」にチェックを入れても無視される。個別の設定は一切許可されないのでそのつもりで設定しよう!

もし、元に戻して自動起動を許可したくなった時は、以下のコマンドをターミナルに入力しよう。YESがNOになっただけ。これで簡単に元に戻る。

自動起動をオンにするコマンド
defaults -currentHost write com.apple.ImageCapture disableHotPlug -bool NO

以上のコマンドは、世界最大のApple ITコミュニティ(って自称してた)であるJAMF Nationのディスカッションページで共有されていたもの。

Appleに「自動起動をデフォルトでオフにしたい」と要望を伝えたところ、回答として送られてきたコマンドなんだって。

もっと気軽に設定できるようにしてほしい

デフォルトの設定を変えられるのはいいけど、ターミナルとかコマンドとかちょっと分かりづらいよね。

できたらもっとサラッとした感じで設定できるようにしてほしいなー。Appleさんお願いー。