映画

映画『貞子3D2』を観てきた感想! 話題の「スマ4D」を体験してきました

投稿時間2013.09.01シェア数0

[wide][/wide]

観てきました……というか、体感してまいりました。映画『貞子3D2』を、スマートフォンアプリと連動した「スマ4D」上映で楽しんできましたよー!

映画のストーリーは突っ込みどころが多く、ほとんどコメディなのではと思ってしまうシーンもあったのですが、そんなこと考える暇もなくスクリーンやディスプレイから恐怖が飛び出してきました。

今回採用された「スマ4D」上映を体験するには以下の専用アプリが必要です。

『貞子3D2』スマ4D公式アプリ~世界初の映画連動アプリを劇場で体感しよう~貞子3D2
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料

以前、予告動画でアプリとの連動を体験する方法を記事にしましたが、それで操作方法を確かめてもいいですし、とりあえずダウンロードだけして劇場に行っても問題なく楽しめる仕掛けが用意されていたりもします。

ということで、映画の内容には若干しか触れない面白かったポイントまとめは以下のとおりでございます! ネタバレ含むので注意されたし!

1.スマートフォンの連動で恐怖倍増

劇中で電話をかけるシーンがあると、アプリに本物の着信画面にそっくりな状態でその登場人物から電話がかかってきたり、スマートフォン内のデータが消されてしまうようなイベントがあったりと、とにかく斬新な仕掛けがたくさんありました。

着信をうけたら耳にスマートフォンを付けて相手の声を聞くことになるのですが、不意に恐ろしい音声が流れてくるのでかなりドキッとします。耳元はやばいです。はい。

少しだけ上映中にアプリ内で発生するイベントの画像を共有します。

sadako 3d 2

他にもカメラや録音機能を使ったものや、タッチ操作を使ったものがあり、しかもいちいちドッキリさせるので緊張感抜群でした。映画というよりアトラクションです。映画館を使ったお化け屋敷っすな……。

とっても面白い試みだなと思いました。実際怖かったですしw

あ、あともし劇場へ足を運ぶというかたは、観終わった後すぐにアプリを消さないほうがいいですよ。少なくとも次の日まではスマートフォンの中に入れておいてください。夜にお楽しみがありますよー。

2.ストーリーは頭に入ってこない

ただ、全くと言っていいほどストーリーが頭に入ってきません。スクリーンとスマートフォンの画面を交互に見ることになるうえ、スマートフォンの方に集中している間にストーリーが進んでしまうこともありました。

というか物語としてはそこまでな感じです。物語として怖いというより、ホラー映画的なギミックで、びっくりさせるという映画だなと思いました。

なぜ、どうして、と考えず、純粋にただビックリしに行くのにピッタリだと思います。

3.瀧本美織も石原さとみもかわいい

いやー、瀧本美織さんが美しかった! めっちゃキレイ! 超美人! やばい!

初めて見たのは「美男ですね」っていうドラマで、次に見た「ハングリー!」でこれはと思ってたのですが、もはや手の付けられない美女になっています。どれだけ美しいかは彼女のオフィシャルブログをみていただければ分かるかと思います。写真いっぱいで超楽しいw

もちろん、ほとんど寝ていた石原さとみさんもかわいかったです。

ということで、2人の苦悶の表情を3Dで見たいかたも映画館へどうぞ!

「スマ4D」上映以外での鑑賞はオススメしない

個人的には「スマ4D」上映がなかったらおそらく観なかったろうな、と。そう思う映画です。アトラクションとしての価値があったからこそ劇場へ向かうきになれた作品でした。

観終わった今もそれは変わりません。夏の終わりに映画館で涼みたいというかたは、ぜひアプリをダウンロードして、アトラクションとして体験していただければと思います。

今後は新しい映画のジャンルとして、こういったスマートフォンと連動する体感型のコンテンツが増えていったら面白いのではと思いました! 以上です!