ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

映画レビュー映画レビュー映画レビュー

映画『サプライズ』の感想! 予定のない休日にコーラ飲みながら観る映画 / 大島優子に観せるべきだった

2013.11.28

シェア数アイコン2

もっといろいろ観てるんですが、タイムリーなので映画『サプライズ』の感想をまとめておきます。アダム・ウィンガードというホラーとかスプラッターとかの界隈でそこそこ知られた監督の作品だそうです。

あらすじは以下。

始まりは、二階の寝室。一匹目は、ヒツジ。二匹目は、キツネ。三匹目は、トラ。家に誰かが入ってきたらしい。

両親の結婚35周年を祝うため集まった、10人の家族。そこに突如現れる、キツネ、ヒツジ、トラ……アニマルマスク集団。カギは掛けたはずなのに……。彼らの目的とは何なのか。 壁に描かれた「You’re Next」の文字、突き刺さるクロスボウの矢。

逃げ場のなくなった密室で、追い詰められたはずの10人。しかし。あることをきっかけに、家族も、そしてアニマルマスクたちさえも、予期しなかった結末へと突き進んでいく―――

via:映画『サプライズ』

はーい、そうです。スプラッターです。具合悪くなるくらい人が死にます。時に美しく、グロテスクに、滑稽に殺し殺される物語となっています。せっかくなので大島優子に観せて炎上マーケするべきだったと思います。こちらの作品の方が「悪の教典」や「地獄でなぜ悪い」より精巧にグロテスクなのでトラウマになりかねないですけど……。

でもけっこう笑える映画だと思うんです。ミキサーを頭にハメて脳天ミックスしちゃったり、思いっきりダッシュしてピアノ線で首切っちゃったりとか、まぁろくな死に方しないのがなんとなく滑稽なんです。

映画館で観ると迫力があるので目を伏せたくなるのですが、DVD借りてきて自宅で観る分には大したことないと思います。予定のない休日に、「暇だしDVDでも借りっかー」なんて軽い気持ちで再生して、「うわwww やりすぎだろwww」とかコーラ飲みながらニヤニヤする映画です。

そんで結末まで観て「ユッケと寿司以外だったらなんでもいいから飯食いいこーぜー」とか、そんな感じで忘れていい映画だと思いました。

エリンちゃんが無双してラストまで殺しまくる

ということでネタバレです。冒頭から登場するクリスピアンの彼女、エリンが主人公のこの物語。彼女がとにかく強い。終末論に取り憑かれた父親の影響で、何があっても一人で生きていけるよう山奥で鍛えられたという彼女。状況判断力と実行力、決断力が半端ないっす。

一見ふつうの女の子なんですが、敵と見たら容赦せずぶち殺すワイルドな性格で、ハイになりすぎたのか最後(から2番目)には直接危害を加えていない自分の彼氏も刺し殺すっていうね! やりたい放題ですわ!

Surprise 1

フラッシュを使っためくらましとか、釘と板を使ったトラップとか、惨殺版ホームアローンとも言われる描写はアニマル仮面達がアホに思えるくらいピタリとはまってやつらを追い詰めます。もう襲われてんのどっちってくらい強いんだよなぁ。あとの奴ら余裕で全員死んじゃうのに。

とにかくそんな彼女の殺しっぷり、そしてそれ以外のメンバーの殺されっぷりに注目して欲しい映画です。グロいけどなんだか笑っちゃうはず。結局彼女がどうなったのかってのは映画内では語られませんが、それでもすごくスッキリとした終り方です。あの終わり方だけで良い映画に思えました。

昨日今日に千葉県で刺殺事件があったりもしたので、原題の「You're Next」という文字がババンと画面いっぱいに出てくるラストの演出にもちょっとゾクッとしちゃいました。いやほんと、いつどっからボウガンの矢とかナイフが飛んでくるか分かりませんからね! 避ける準備だけはしておきましょう!!