映画

ラストで落ちる「アリス・クリードの失踪」

投稿時間2015.10.29シェア数5
痴情のもつれって、あるじゃない。色情に迷って理性を失い、判断力が鈍ったまま大きな決断をしてしまうっていう。解釈を広げると、結婚とかそういうのも判断力が欠如してなきゃできないものだ、みたいな話もあるわけだけど、いずれにしろ恋慕を根拠にした行動って失敗しがちだよなって思う。と、そんな風に映画「アリス・クリードの失踪」を観て感じた。

アリス・クリードの失踪から始まる物語

あらすじは以下。

富豪の父親をもつ20代の女性アリス・クリードは、2人組の男に誘拐され密室にとらわれる。男たちは多額の身代金を要求しようと企むが、次第に3人の関係がねじれていき、完ぺきだったはずの計画がほころびはじめる。誘拐された1人の女と犯人の2人の男が、密室を舞台に繰り広げるサスペンス。

映画.com

できれば事前情報に触れずに観ていただきたい。ここからも続くぼくの駄文は無視して、さらに言うと冒頭に貼っつけてある予告動画も観なくていいので今すぐTSUTAYAへ、どうぞ。

……え、いいの?これ読むの?じゃ、続けるよ!ネタバレもしながらの感想だからね。ほんと、映画観る前に読まないでよね!!

じゃいきますけど、あのね、まず何がすごいかって、登場人物が3人しか居ないの。

3人しか居ないのに、背景に何人もの人物が見えて、彼らを巻き込んでストーリーが展開しているんだってちゃんと思える作りになってることに感動した。

誘拐犯の2人と誘拐されたアリス・クリード。最初は加害者と被害者だった3人の関係が、ストーリーの進行と共に形を変え、それぞれの思惑が明らかになっていく……。

その関係性の変化が異常で滑稽なんだけど、本人たちはいたって真剣に目の前の問題に取り組んでるのが面白い。

内容的にはほとんど東京03のコント(おこがましいけど、これは東京03と映画のどちらも褒めてる)。シリアスな演出との間に剥離があるのにも関わらず、キャストの演技が素晴らしいから物語に説得力がある。

突拍子もないはずなのに、ねぇ。

アリス・クリードの失踪で終わる物語

中盤、様々な秘密が明らかになっていく。

誘拐を計画した理由、なぜアリス・クリードでなければいけなかったのか、誘拐犯2人の関係性などなど、ぼくにとってはどれも衝撃的なものだった。特に誘拐犯の2人の仲の良さには驚いたね!超仲良しなんだもん!

で、映画のタイトルである「アリス・クリードの失踪」の本当の意味が分かるラストへ。

このラストがあるから、このタイトル。このタイトルじゃなきゃ意味がないラスト。

テンポの良い序盤から、秘密が明らかになっていく中盤、その秘密をどう消化していくのかっていう終盤、そしてこのラストですよ。

あぁ、全部よかった!全体的にすごい良い!!

男同士の接吻も衝撃的で良い。「アリス・クリードの失踪」は2011年日本で公開された映画なんだけど、あのいかつい男がまさかこの後「お見送りの作法」のジョン・メイを演じるとは思わないよね……。

というわけで、とても好きな映画です。よかったらぜひ。