ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

ガジェットレビューガジェットレビューガジェットレビュー

Macを自動バックアップしてくれる『Time Capsule』でエラーが出た場合の対処法

2012.09.23

シェア数アイコン0

[wide]

photo credit: joshkehn via photopin cc

[/wide]

先日「Time Capsule」でわけのわからないエラーが出て困ったので、そのエラーと対処法についてお伝えしたいと思います。

結果すんごい簡単な方法で解決できたんですが、困っているかたのために記事にしておきます。本当にどうしていいかわからなくなっちゃうからね! これ読んで安心して!

エラー発生

まず「Time Capsule」についてですが、これはバックアップ用ハードディスクを搭載する無線LANルーターのことを言います。

バックアップ用のアプリケーションである「Time Machine」を使って、簡単にデータを自動バックアップすることができる超便利アイテムです。買ってよかったよマジで!

そんな「Time Capsule」が、突然以下のようなエラーを吐き始めました。

なんだこりゃ! なぜアクセスできないのか!

Wi-Fiつなぎ直したりMacBook Airの再起動をしてみたりと色々試行錯誤したのですが、結果解決せず。どうしたらいいんだ!

再起動で解決

で、結局何をしたかというと再起動です。「Time Capsule」の再起動。

最初に「AirMac ユーティリティ」を開いて、エラーの起こる「Time Capsule」を選択します。

上のメニューから「ベースステーション」を選択して「再起動」をクリック! しばらくすると再起動が完了します。

以上で正常にバックアップしてくれるようになりました。意外と簡単だったけど見つけるまで大変だったです。でもやっぱなんかあったら再起動ですね。再起動は神。

ということでエラーが起こったかたはぜひ試してみてください!