ナノカモ

ナノカモ

検索ト検索ボタン

About

Twitterアカウントハンサムクロジ

ビデオ撮ったりブログ書いたりしながら、できるだけ、心だけでも、子どものままでいたいなと思う日々を送ってる。

このブログは、そんなハンサムクロジ(変な名前でごめん)が色々なものを見て、聞いて、触って「こうなのかも」「ああなのかも」と思ったことを綴るものだよ。

iPhoneの使い方iPhoneの使い方iPhoneの使い方

iPhoneのタイマー機能でアプリや音楽を停止させる方法

2015.11.20

シェア数アイコン25

iPhoneを使っていて、例えば音楽を聴いている時に、時間を設定してタイマーで止めれたら便利なのにと思ったことはないだろうか。

就寝前、イヤホンで音楽を聴きながらベッドに入って、30分か40分くらいかな、眠りについたあたりでアルバムやプレイリストの再生を自動で止めてもらう……。

今日はそんなタイマー機能の使い方を解説するよ。滅多にないことなんだけど、音楽の聴きすぎで電池が切れて朝のアラームが鳴らなかったら事件だからね!

タイマー機能を起動する方法

ではまず、要となるタイマー機能を起動してみよう。アプリから起動する方法と、コントロールセンターから起動する方法の2種類の方法があるから、好きな方を覚えて使ってみてほしい。

アプリから起動する方法

最初にアプリから起動する方法を解説するね。

iPhoneに最初から入っているアプリで「時計」っていうのがあるから、そのアイコンをタップしてみよう。

時計アプリのアイコンをタップ

アプリが開いたら、下のメニューに注目。右端に「タイマー」と書かれたボタンがあるから、これをタップしてみて。

タイマーをタップ

はい、タイマー機能の画面が表示されたよ!

タイマー機能の画面

コントロールセンターから起動する方法

二つ目はコントロールセンターから起動する方法。ぼく的にはこちらの方が楽ちんだからおすすめ。ミュージックアプリとか、他のアプリを使っている時も素早くタイマー機能を開けるからね。

やり方はとっても簡単。画面の一番下から上に向かってスワイプするだけ。画面の外から上に向かってなぞるイメージで操作すると、色々なボタンやらなんやらがリモコンみたいに表示されると思う。これがコントロールセンターだよ!

コントロールセンターを起動

この画面の一番下の段。4つ並んだボタンの左から二番目、時計っぽいアイコンがあるのでこれをタップしよう。

コントロールセンターを起動

はい、タイマー機能の画面が表示された!簡単でしょ!

タイマー機能の画面

タイマー機能でアプリや音楽を停止させる方法

タイマー機能の設定画面が表示できたところで、さっそくアプリや音楽を停止させるための設定をしていこう。

まず停止までの時間を決めないといけない。時間は1分から23時間59分までの間で、分単位で設定できる。時間が表示されている部分をグリグリ動かして、好みの時間に設定しよう!

停止までの時間を設定

時間を設定したら、次は「タイマー終了時」って書かれているとこをタップ。

タイマー終了時をタップ

すると、タイマー終了時に鳴らす着信音の設定画面が表示される。でも全部無視!一番下までスクロールしよう。

着信音の設定画面

すると「再生停止」っていう項目がある。これをタップ。

再生停止をタップ

「再生停止」の左側にチェックマークが付いたのを確認したら、右上の「設定」ってとこをタップしよう。

設定をタップ

メインの画面に戻ってくる。「タイマー終了時」の横が「再生停止」となっているのを確認して、丸い「開始」ボタンをタップ。これで停止タイマーのカウントダウンがスタートするよ!

停止タイマーをタップ

音楽が停止する様子

では実際にどんな風に音楽が止まるのか確認してみよう。

答えは以下の画像のとおり。けっこういきなりだからびっくりするんだけど、停止するのと同時にiPhoneがロックされるんだ。

音楽停止時の動作

アプリが停止する様子

この機能は音楽以外、たとえばゲームアプリで遊んでる時にも同じように動作する。本当に突然止まっちゃうんだ。

どうしてもゲームを30分でやめたい時とか、プレイ中だろうとなんだろうと強制的にロック画面に飛ばしてくれるから便利だよ!

アプリ停止時の動作

以上だ!使い方が分かったかな。寝る前とか、勉強前とか、締め切り前とか、いろんな時に使ってみてね。バイバイ!!