ガジェットレビュー

安くてもいいからタッチペンを買っておくと便利

投稿時間2014.06.25シェア数2

ぼくは安いものが好きではない。

裕福な家で育ったわけではないのだけど、良いものイコール値が張るものという単純な思考で買い物してきた。

ほとんどの場合それは正しかったし、後悔も少なかった。

しかし、思い返してみると無駄の多い買い物のしかたでもあったなと思う。

ちょっとした消耗品やすぐに壊れても良いもの、値段によって質にあまり変わりが無いものまで値段を指標に購入していたからだ。

そもそも飽き性なので、高く買ったのに使わなくなってしまったものが実家の自室に大量に転がっている。無駄だよね。

だったら安くて壊れやすくてもいいじゃないか。どうせ飽きて使わなくなるかもしれないんだから。

ということで妻に買ってもらいました。59円のタッチペン。これで良いのだ。

安くても問題ない

今までのぼくであれば、間違いなくAmazonで一番評価の高い、そこそこ高価なスタイラスペンを買っていたと思う。

イーノックよりも良いもの指向。「一番いいのを頼む」と口にした回数は数えきれない。とにかく長く使う前提でその時のベストをチョイスしていた。

一番いいのを頼む

しかし、今回に限っては安くても全く問題無かった。

100円ショップでも構わないし、Amazonのセットでいくらで売っているタッチペンで充分。パズドラなどのゲームを遊ぶのにも使えるけど、ぼくはそれ以外の操作にもタッチペンを利用している。

個人的に指で操作するよりも良いなと思ったポイントは以下の3つ。

ポイント
  • 指を動かすより疲れない
  • 指や手で画面が隠れない
  • 指紋で画面が汚れない

こんな感じ。あったら色々と便利。無くてもかまわないんだけど、あるとついつい使っちゃう。

今使っている安いペンは斜めからのタッチに弱いのでそのうち買い換えるかもしれないけど、とりあえず最初の1本はなんでもいいなって。そう思ったのでした。