Twitterの使い方

Twitterのアプリ連携を安全に確認・許可・解除する方法

シェア数75
Twitterって楽しいよね。Twitterと連携するサイトとか楽しい。診断メーカーとかさ。でもあんまり不用意にいろんなサービスとTwitterを連携させるのって良くなかったりするんだ。例えばアカウントを乗っ取られたりとか、思いもよらない動作をすることがある。今日はそんな時に設定を見直す方法を解説するよ。Twitterのアプリ連携を確認・解除してみよう!

Twitterのアプリ連携とは

まず、Twitterの「アプリ連携」について、それってどういう意味?って人に解説しておくね。

例えば「診断メーカー」っていうサービスがあるんだけど、これを使うにはTwitterアカウントでログインしなきゃいけない。

ログインする時に「連携アプリを認証」っていうボタンを押さなきゃいけないのは知ってるよね。みんな一度は押したことあると思う。たぶん。

簡単に言うと、このボタンを押してTwitter内のデータの利用を許可することを「アプリ連携」って言うんだ。

診断メーカーのアプリ連携画面

もうちょっと詳しく説明しよっか。

Twitterは、サービスを運営している会社とは別の、第三者が開発したサービス&アプリと連携できるってのは知ってるかな。

我々ユーザーがそういった第三者によるシステム(通称サードパーティ製サービスorアプリ、以下統一して「サードパーティ製アプリ」と呼ぶね)とTwitterとの連携を個別に許可すると、投稿されたツイートをはじめとしたTwitter内のデータがサードパーティ製アプリへ受け渡されるのね。

もちろん例に出した「診断メーカー」以外のサードパーティ製アプリも同じ。「アプリ連携」を利用することで、Twitterのデータを利用した便利サービスを使えるようになるってわけ。

ただ「アプリ連携」は良いことばかりじゃないんだ……。以下で詳しく解説していくよ。

アプリ連携のリスク

便利で楽しいサードパーティ製アプリがほとんどなんだけど、中には悪意のあるアプリも存在する。

連携することで発生しうるリスクについても少し触れておくね。

勝手にツイート&フォロー&DM送信

連携した結果、身に覚えがないツイートを勝手に投稿したり、興味のないアカウントを勝手にフォローしたり、はたまた相互フォローしているTwitterアカウントに向けて無差別にDMを送信したり……。無茶苦茶な動作をするアプリがある。

特定のウェブサイトに誘導するような内容をツイートしたりってのが多いみたい。あとは、フォロワー数を増やすために自動でフォローさせるってのもよく聞く。

そういった事態を避けるためには、連携するサードパーティ製アプリが本当に安全なのか、しっかりと自分で見極めなければいけない。

悪意のあるアプリを作った人ももちろん悪いけど、連携を許可した本人にも責任はある。

変な投稿を連投したりしてると、やばい奴認定されてフォロワーからの信頼もなくなっちゃうしね。気をつけよう!

アカウントの乗っ取り

で、もっとひどいのが、そもそも連携画面が偽物だったためにログインのために入力した情報が外部に漏れて、アカウントを乗っ取られちゃうってやつ。

これは本当に気をつけないとやばい。卑猥な動画とか画像を連投するクレイジーな奴だと思われるだけで済めばいいけど、アカウントを取り返せなくなってしまうってこともありえる。/p>

ログイン画面が本物かどうか見分ける方法もあるから、それもあとで解説するね。

アプリ連携を管理するには

アカウントを乗っ取られたらアプリ連携も何もないんだけども、もしアプリ連携が原因で自分のTwitterアカウントが意図しない動作(勝手にツイートするとか)をしているなら、怪しいアプリとTwitterとの連携を解除することで問題は解決する。

ただし、その連携解除がやっかいで、なんとTwitter公式アプリでは解除のための操作ができないようになってるんだ。

基本的に連携解除はPCでの操作となる。つまり、PCを持っていなスマートフォンユーザーは解除不能!お手上げ!……こんなのおかしいよね。Twitterさん、なんとかしてくれ!!

とはいえ解決策が無いわけじゃあない。ちょっと面倒だけど無理やりiPhoneから解除する方法もあるんだ。今回はその方法も解説するよ。

連携するアプリが安全か確認する方法

ではまず最初に、Twitterとサードパーティ製アプリを連携させる時に、そのアプリが安全かどうか確認する方法から解説していく。

と言っても、最終的な判断はみなさん一人ひとりに委ねられている。今からする話はあくまで参考として聞いてもらって、それを元に自分自身で安全かどうか判断し、連携するか否かを決定してほしい。

連携するアプリの認証画面をチェック

ではまず基本的なところから。今あなたが開いているその連携画面が本物なのかどうかってところを確認しよう。

アプリ連携画面が開いた時に、Twitterへのログインを求められたとする。ここで何も考えずにユーザー名(あるいはメールアドレス)とパスワードを入力してはいけない。

ユーザー名(あるいはメールアドレス)とパスワードの入力欄

必ずアドレスバー(上の方の英語が書かれたとこ)をチェックしよう。そこが「api.twitter.com」「twitter.com」、あるいは「Twitter, Inc.」から始まっているかどうか、そしてそれらの文字列の前に鍵のマークがあるかどうかを確認してほしい。

安全なページのアドレス

もし、別の文字列が表示されていたり鍵のマークが無かったりしたら、アカウント名とパスワードを盗むための偽ページである可能性がある。速やかにページから脱出しよう!

連携するアプリの権限をチェック

ページ自体の安全が確認できたら、次は連携するアプリにどんな権限が与えられるのかチェックしよう。

緑色の文字で書かれた「このアプリケーションは次のことができます」の下に、連携したアプリに与えられる権限が一覧で表示されている。ここを確認して、表示されている権限を与えても良いと判断できた時にだけアプリ連携を許可しよう。

アプリの権限をチェック

念のため権限の内容を書き出しておく。以下の全て表示されている時と、一部だけ表示されている時がある。アプリによって違うよ。

  • タイムラインのツイートを見る。
  • フォローしている人を見る
  • 新しくフォローする
  • プロフィールを更新する。
  • ツイートする
  • ダイレクトメッセージを見る。

例えば「ツイートする」というという権限を許可すると、勝手にツイートされるリスクが高まる。でもツイートするためのサードパーティ製アプリを連携したいんだったら許可しないわけにいかないよね。

でも、連携アプリが診断系のサービスなのに「新しくフォローする」という権限が表示されていたらどうだろう。こういうのはちょっと怪しい。

連携させるアプリの意図権限の内容に食い違いがあるなら、連携を許可しない方がいいかもしれない。

とにかく慎重に行おう。

Twitterへのログイン履歴を確認する方法

さて、ここからはアプリ連携をした後の話。

いろいろなサードパーティ製アプリと連携してみたはいいけど、その結果として自分のTwitterアカウントが意図しない動作(勝手にツイートするとか)をしはじめてしまった時の対処法を解説していく。

まずは、意図しない動作がアプリ連携によるものなのか、それともパスワード流出などによる不正ログインからのアカウント乗っ取りによるものなのか、原因を調べよう。

以前に解説したiPhoneでPC版ページを閲覧する方法を参考に、PC版Twitterサイトにアクセスしてほしい。

[bc url="https://nanokamo.com/safari-desktop-site-pc-display" desc="ここをクリックしてPC版Twitterを開く方法をチェックして!"]

PC版Twitterを開いたら、右上にある自分のアイコンをタップ。吹き出し型のメニューが表示されるので、一覧から「設定」をタップする。

設定を開く(画像は拡大済み)

設定画面が開くので、左側に小さく表示されている「Twitterデータ」という項目をタップしよう。

「Twitterデータ」をタップ(画像は拡大済み)

パスワードを求められるので、ログイン時に使うのと同じパスワードを入力する。

パスワードを入力する

すると、自分のTwitterアカウントへのログイン履歴が表示される。左側がログインしたアプリ名、中央がログインした時間、右側ではログイン時の位置情報を見ることができる。アプリと位置情報の組み合わせをチェックして、おかしいところが無いか確認しよう。

Twitterへのログイン情報

例えば、公式サイトである「Twitter.com」に日本以外からアクセスがあったら、すぐに不正ログインだって分かるよね。パスワード変更などの対処も素早くできるはずだ。

また、頻繁にログインした形跡があるなど不審な動作をしているようなら、これも怪しい。怪しいアプリはすぐにTwitterとの連携を解除しよう!

アプリ連携の確認・解除方法

では、アプリ連携の確認と解除方法を解説していく。

まずは、さっきと同じように、以前解説したiPhoneでPC版ページを閲覧する方法を参考にして、PC版Twitterサイトにアクセスしてほしい。

[bc url="https://nanokamo.com/safari-desktop-site-pc-display" desc="ここをクリックしてPC版Twitterを開く方法をチェックして!"]

で、PC版Twitterが開けたら右上にある自分のアイコンをタップ。吹き出し型のメニューが表示されるので、一覧から「設定」を選択する。

設定を開く(画像は拡大済み)

設定画面が開くので、左側に小さく表示されている「アプリ連携」という項目をタップしよう。

「アプリ連携」をタップ(画像は拡大済み)

すると、連携しているアプリが一覧で表示される。ここでどのアプリにどんな権限が与えられているか確認してみよう。

連携しているアプリ一覧

権限は、アプリ説明欄の「アクセス権」ってとこの横に書かれてる。「読取専用」「読み書き」「読み、書き、及びダイレクトメッセージ」の3種類があるんだけど、それぞれ詳しい内容までは書かれていないので一応説明しておくね。

アクセス権をチェック

読取専用

読取専用

「読取専用」は、アプリを連携しても、勝手に書き込んだりフォローしたりってのを絶対にしない種類の権限。

許可されるのは以下の2つだけだ。

  • タイムラインのツイートを見る。
  • フォローしている人を見る

読み書き

読み書き

「読み書き」は、読取専用の権限に加え、プロフィールの変更やツイートの投稿、アカウントのフォローを許可するタイプの権限。

許可される権限は以下のとおり。

  • タイムラインのツイートを見る。
  • フォローしている人を見る
  • 新しくフォローする
  • プロフィールを更新する
  • ツイートする

このうち「フォローする」には、アンフォローやブロック、ミュート設定の許可も含まれるみたい。さらに「ツイートする」には、ツイートの削除やリツイートの許可など、ツイート投稿関連の操作が含まれていて、これらすべてを許可することになる。

そこら辺のことに気をつけながら、連携する・しないを決めよう。

読み、書き、及びダイレクトメッセージ

読み、書き、及びダイレクトメッセージ

「読み、書き、及びダイレクトメッセージ」は、以上2つの権限に加え、非公開なダイレクトメッセージの内容を見ることができるタイプの権限。要するに全部許可するやつ

当たり前だけど、許可される権限も一番多い。

  • タイムラインのツイートを見る。
  • フォローしている人を見る
  • 新しくフォローする
  • プロフィールを更新する
  • ツイートする
  • ダイレクトメッセージを見る。

ダイレクトメッセージの中身を見られるってのは、けっこうリスクが高いと思う。しかも「見る」ってしか書かれてないけど、メッセージの作成や送信もできるからね!マジで注意だよ!!

連携を解除する

さぁ、やっと連携を解除するとこまできたよ!

権限を確認して、Twitterとの連携を解除したいサードパーティ製アプリを見つけたら、アプリの説明欄右側にある「許可を取り消す」と書かれたボタンをタップしよう。

許可を取り消す

ボタンが「許可の取り消しを止める」という表示に変わったら完了。書かれているとおり許可の取り消しを止めたいなら、もう一度ボタンをタップしよう。

許可の取り消しを止める

ちなみに、連携アプリの中には「許可を取り消す」というボタンが表示されないものがある。これは、iPhoneの統合機能を利用してアプリ連携しているのが原因。

iPhoneにはTwitterアカウントを登録して簡単にアプリ連携できる機能が搭載されているんだけど、この機能を使って連携したアプリは「許可を取り消す」ボタンで連携を解除できないのだ。

「許可を取り消す」が表示されない

しかもこれらは個別での連携解除ができない。連携を解除したい場合は、「iOS」という名前のアプリの「許可を取り消す」をタップして、全て一気に丸ごと解除するしかないのでそのつもりで設定しよう。

iOSの許可を取り消す

以上、長々とごめんね……。ぼくの書くエントリーっていっつも長いよね……。でも、きっと役に立つはずだから、ね。

Twitterアカウントが乗っ取られたかもって思った時とか、連携アプリを整理したい時なんかに試してみてね!